NEW

「ぺヤングやきそば獄激辛」は辛い痛みの初速が半端ない!完食には「○○と○○」が…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 ぺヤングがまた新たにYouTuberやライターが食いつきそうな商品の販売を開始した。それが「ぺヤングやきそば獄激辛」だ。何やらぺヤング史上最強の辛さ、とのこと。企業の戦略に泳がされていることは百も承知。しかし、イチB級ライターとして食べないわけにはいかない。結論から言うと、辛いのが苦手な人はたとえネタでも本当に食べない方がいい。それでは、その結論に至るまでのレビューを読んでほしい。

尋常ではない辛さの初速としつこさ!完食には「○○と○○」が必須

「ぺヤングやきそば獄激辛」は辛い痛みの初速が半端ない!完食には「○○と○○」が…の画像1

 閻魔大王?をモチーフとしたパッケージ。見た目がすでに辛い、というか怖い。

 かつて、こんな注意書きをしたインスタントやきそばがあっただろうか? 素朴な疑問だが、注意しても辛いものは辛いので意味はないと思う。

 中身は超シンプル。いつものぺヤングに獄激辛ソースが加わっただけのラインナップ。写真だとよくわかりにくいものの、獄激辛ソースの色はかなり赤黒い。まさに地獄。

 お湯を入れ、ソースを温めながら待つこと3分。

 香りは拍子抜けするほど普通。「ちょとスパイシーな香りのするぺヤング」である。これならいけるかも? と思い一口すすってみる。

 イダッッッ!!!

 痛えなオイ。舌と喉痛いよ。辛い超えての痛みよ、コレ。しかも「後からじんわり辛さがくるタイプ」とはまったく違う。辛さの初速が段違い。めちゃくちゃ早い。一度に大量にすすると絶対咳込むから注意。

 あと、この辛さ、かなりしつこい。ずっと舌に残ってる。いい加減にしてよ。二口目行くまでに15分かかったわ。

 このままでは絶対完食できない。過去最強の敵と対峙した著者は奥の手を出すことにした。

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING

関連記事