生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 iPhoneを使っていると不具合に遭遇することがある。そんなときの効果的な対処方法は再起動だが、本体が操作できない不具合が起きてしまったときは慌ててしまうもの。このようなときに冷静に対応するためにも、強制的に再起動する方法を覚えておこう。

iPhoneの強制的な再起動はモデルによって操作が異なる

iPhoneを強制的に再起動する方法 使っている種類によって手順が異なるため注意が必要の画像1
(Image:ViktoriyaFivko / Shutterstock.com)

 動作が遅い、通信が安定しない、本体が異様に熱いなど。iPhoneの不具合にはさまざまなものがある。このような不具合は症状に合わせた対処方法があるが、問題が解決しない場合も少なくない。その場合に試したい対処が再起動。大抵の不具合はこれで治るはずだ。

 しかし、iPhone自体がフリーズしたり、スリープから復帰しないような不具合もある。このようなトラブルに遭遇した場合、強制的な再起動が必要だ。これにはiPhoneのボタンで操作するのだが、iPhoneの種類によって手順が異なる。まさかのトラブルで慌てないためにも、使っているiPhoneに合わせた操作方法をぜひ覚えておきたい。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事