NEW
さんきゅう倉田「税務調査の与太話」

確定申告、税理士に頼まず自己判断したら大損!税務調査で知識のなさにつけ込まれ…

文=さんきゅう倉田/元国税局職員、お笑い芸人
【この記事のキーワード】

, ,

【完了】確定申告、税理士に頼まず自己判断したら大損!税務調査で知識のなさにつけ込まれ…の画像1
「Getty Images」より

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな商品は「棚卸商品」です。

 毎月、さまざまな場所で講演会をしています。参加者は、経営者、個人事業者、会社員のどれかで、みな、悩みや誰にも聞けない疑問を抱えています。

 ぼくの講演会では、質疑応答の時間を設けていないので、どのような悩みがあるのかを吸い上げることはできないのですが、その日の打ち上げや懇親会で、参加者が互いに相談しあっているのをこっそりと聞いて、市場調査の代わりとしています。

 年に数回は、保険会社から依頼を受けて講演を行っています。馴染みのない保険の税制を入念に調べて解説したり、税務調査の話をしたりしますが、グループワークの時間を設け、どんな支払いを経費にしているか、保険外交員(ライフプランコンサルタント)への税務調査がどのように行われるかを共有してもらっています。

保険外交員への税務調査

 保険の販売業務を行うAさんは、業界に入って10年目です。税金や確定申告のことはよくわからないけれど、給与所得者ではないので、1年目の頃から所得税の確定申告を行っていました。

 1年目、2年目と確定申告をしていくと、知識がそんなになく、多少いい加減な内容でも特段、指摘されることはないと感じたそうです。何が経費になるかわからないけれど、一応、会議費や接待交際費に入れ、領収証がなくとも“これくらいは使っただろう”と、恣意的に所得から控除していました。

 青色申告の申請もしていません。青色と白色の違いはわからないし、青色だとさまざまな特典が受けられることも知りません。それでも不便はないし、税理士に頼むのも面倒です。ずっとこのままでよいだろうと考えていました。

 仕事を始めて5年目のある日。住んでいる地域を管轄する税務署の個人課税部門から電話がありました。

「所得税の税務調査を行いたいので、平日の10時から16時頃までで、時間をつくっていただけますか? ご自宅にお伺いします」

 突然の連絡に困惑したそうです。自分は何か悪いことをしたのだろうか。知らず知らずのうちに、脱税をしてしまったのだろうかーー。

 しかし、知らないうちに脱税をしてしまうということはありません。脱税をしている人は、自分が脱税をしていることを必ず認識しています。

 Aさんは信頼できる上司に相談し、この業界で自分たちのように平均以上に稼いでいる人間には税務調査があるものだと聞きました。それでも心は休まらず、調査の日まで眠れない日々が続いたそうです。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ