NEW

東大にはセクハラ・性暴力の起こりやすい環境が温存されている/東京大学ミス&ミスターコンテストについて考える会に聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

東大にはセクハラ・性暴力の起こりやすい環境が温存されている/東京大学ミス&ミスターコンテストについて考える会に聞くの画像1

ミスコン & ミスターコンを考える会

 昨年11月、法政大学の学生らが非公認で「ミスター法政コンテスト」の開催を企画していたことに対して大学側が声明を出し、話題となった。

 法政大学側は自主法政祭実行委員会が掲げている<「ミスコン」とは人格を切り離したところで、都合よく規定された「女性像」に基づき、女性の評価を行うものである>との見解を引用しながら、<「ミス/ミスターコンテスト」のように主観に基づいて人を順位付けする行為は、「多様な人格への敬意」と相反するものであり、容認できるものではありません>と主張。法政大学内の施設を利用しての「ミスター法政コンテスト」を認めない方針を明確にした。

 国際基督教大学も2011年に学園祭でのミスコン企画がもち上がった際、<ミスコンがある種の外見/能力/振舞の人間像を規範とする抑圧構造に依拠するものであることには、過去20余年、多くの議論の蓄積があります。日々、見つめられ、判断される、個々人への視線の暴力を、ICU祭の場で、キャンパスで、再生産することに異議を唱えます>との声明を出し、学生に再考を求めたことがある(結果的に中止となった)。