NEW
芸能・エンタメ

稲垣吾郎、満を持して『スカーレット』登場にネット大盛り上がり…「少しふっくらした」

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
稲垣吾郎、満を持して『スカーレット』登場にネット大盛り上がり…「少しふっくらした」の画像1
連続テレビ小説『スカーレット』公式サイトより

 3月4日放送のNHK連続テレビ小説『スカーレット』に、元SMAPの稲垣吾郎が出演した。本編になかなか登場せず“じら垣吾郎”と呼ばれていただけに、インターネット上では大きな反響を巻き起こしている。

 稲垣の『スカーレット』出演については今年1月、医師・大崎茂義役として第22週から登場するとドラマ公式サイト上で告知されていた。稲垣が連続テレビ小説に出演するのは1989年前期の『青春家族』以来2回目で、制作統括の内田ゆき氏は「医師としての信頼とともに、少し型破りなところも感じさせる個性的な人物。柔らかさと強さをもって演じていただければ、と大いに期待しております」とコメントを寄せていた。

 4日の放送で稲垣は、医師役ながら白衣を着ずに登場。看護師から「(白衣を着ないと)どっかのおっさんみたいですやんか」と指摘され、「おっさんだもん」と自虐的に言い返す場面が描かれた。出演シーンは短かったものの、視聴者にはしっかりインパクトを与えた様子。「今回は顔見せ程度だったけど、やっぱり存在感があるね」「こんなに爽やかさを出せる“おっさん”はそうそういないと思う」といった反応が相次いでいる。

 ちなみに“じら垣吾郎”という名称は、3日放送の『あさイチ』(NHK)で飛び出したもの。キャスターの博多華丸・大吉らがドラマを振り返り、稲垣が登場しそうな演出をしながらも結局登場しないまま終わったため、博多華丸が“焦らし”とかけて言い放ったのだ。それだけ稲垣に期待が寄せられていた証拠ともいえるが、稲垣登場後のネット上には「焦らしに焦らしておいて出番が短すぎ」と今後の出番増を期待する声や、「少しふっくらした感じのおなか周りが気になった」といった声もある。

 稲垣といえばジャニーズ事務所の退所以降、テレビへの露出減少が叫ばれていただけにドラマ出演を喜ぶファンは多い。現在、稲垣は草なぎ剛・香取慎吾とともに「新しい地図」として活動し、昨年末放送の『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)に3人揃っての出演を果たしている。

 そんな3人の今後について、2月5日配信の「WEB女性自身」では“テレビ誌記者”が「地上波への露出は確実に増えてきています」とコメント。“日テレ関係者”も「早ければ東京五輪後から3人のレギュラー番組を始められないか検討中で、水面下の調整を進めています」と証言していた。

 一方、ジャニーズ事務所に残留した木村拓哉は、2月に行われたソロツアーでSMAPの楽曲を披露して話題になった。残るメンバー・中居正広は3月いっぱいでの退所を発表するなど、元SMAPメンバーに関するニュースは絶えない。それだけ、今もなお元SMAPへの関心が高いともいえる。稲垣の『スカーレット』出演も含め、各メンバーがどのような活動を展開するのか注目しよう。

(文=編集部)

関連記事