NEW
芸能・エンタメ

TKO木下、“円満退所”強調も実質解雇か…コンビでの活動は困難、カラテカと同じ状況に

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TKO木下、円満退所強調も実質解雇か…コンビでの活動は困難、カラテカと同じ状況にの画像1
木下隆行(TKO)

 お笑いコンビTKO木下隆行が、3月15日をもって所属事務所の松竹芸能を退所すると発表した。相方の木本武宏は事務所に残り、コンビも継続するという。

 松竹芸能が公式サイトで木下について、「この度、弊社所属タレントのTKO木下隆行は、2020年3月15日をもって弊社を離れる事になりました。今後は弊社を離れ、フリーとして引き続き芸能活動を行っていきます」と発表。さらに、「TKOは解散せず、木本武宏は引き続き弊社所属で芸能活動を行います」と説明した。

 また、スポーツ報知の記事によると「解雇ではありません。木下本人との話し合いで、『会社や芸人仲間に迷惑をかけたので、一度自分を見つめ直してリフレッシュしたい』ということだったので、退所することになりました」として、話し合いのうえでの円満退所だったことを強調している。

 だが、木下に関しては、素行の悪さを指摘する声が後を絶たず、それが原因で実質的に解雇されたのではないかと指摘する向きもある。

「去年、よゐこ・濱口優の結婚パーティで、木下が幹事を務めて費用を後輩から集めたが、後輩芸人にはお金を払わせたくないとして濱口が全額支払ったようです。しかし、後輩芸人たちに返金されなかったため、オジンオズボーンの篠宮暁がライブ上で木下が“横領”したのではないか、と言及したんです。それに激怒した木下が、篠宮の顔に中身が入ったペットボトルを投げつけ、目の付近を怪我したのです。この件について事務所は、木下が投げたペットボトルが篠宮に当たったことは事実と認めながらも『狙って投げたわけではない』と釈明し、両者は和解したと発表しています」(芸能記者)

 また、ある番組で後輩のクロちゃん(安田大サーカス)が木下をイジるというドッキリ企画があった際、木下が激怒して収録後に楽屋でクロちゃんに土下座させたうえに革靴で頭を踏みつけたと報じられた。

実質的な解雇か

 ほかにも、後輩芸人に対して居丈高な態度を取るとの指摘も多い。そのため、事務所としても見過ごすことはできない状況になり、木下を“切った”というのが実情ではないかとみられているのだ。

「契約に関して、松竹芸能は吉本興業並みに厳しいといわれています。吉本が昨年夏以降、契約書を交わすことになった段階で、松竹でも動きがあったようです。それで折り合いがつかなくなった可能性もあります。『野性爆弾のザ・ワールド チャネリング』(アマゾンプライム)で、木本の月収が400万円であると明らかになりましたが、コンビ内の格差なども退所の一因となったかもしれません」(芸能事務所関係者)

関連記事