NEW
芸能・エンタメ

立川志らく、妻と弟子不倫言及で“語られなかった”重大事実…問われる倫理的問題

文=編集部、協力=山岸純/山岸純法律事務所・弁護士
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らく、妻と弟子不倫言及で語られなかった重大事実…問われる倫理的問題の画像1
「gettyimages」より

 4日に「文春オンライン」で自身の妻と弟子の不倫が報じられた、人気落語家の立川志らく(56)。妻は元アイドルの酒井莉加(38)であることも知られているが、志らくは5日、MCを務める朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)に出演し、番組冒頭で次のように語った。

「私は妻のことを信じております。このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも1億%ございません。この程度のことで絆が切れるということはない。あとは、私のかけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る。それだけでございます」

 この“決意表明”を受け、インターネット上では「ナイスフォローコメントですね。いや、立派というか」「写真を掲載されているのにここまで言い切れる、ってすごいですね」と志らくを評価する声も見られるが、以下のように厳しい意見も数多くみられる。

「不倫されてるから『絆』はないですよね?(笑) 志らくさんの一方的な思い込みですよね? そもそも、そこなんじゃないですか?」

「他人には厳しいのに ご自分の身内には甘いですよね」

「師匠の妻が弟子にて手を出してるって、不倫浮気というだけでなく、社会的に問題で、著しい信用失墜は避けられないと思う」

「妻と向かい合っていない男の話、説得力ないかな。可哀想だけど、ワイドショーの司会より先にする事あるんじゃないの?」

「嫁と弟子に好き放題されているのに体面を気にして何事もなかったように振る舞うのは、却って格好悪い」

薄い弟子から志らくへの尊敬

 さらに、志らく本人のコメントには大きく欠落しているポイントがあると、テレビ局関係者は指摘する。

「今回の件に限っていえば、志らくは不倫された“完全なる被害者”なので、責められるべき点は何一つない。ただ、酒井は過去にも志らくの別の弟子と不倫し、志らくはその弟子を破門にしたと『文春』は報じており、その点には触れていませんが、むしろこちらのほうこそ、しっかりと説明すべきでした。

関連記事