NEW

宮迫博之、勝手に“CM出演”で総スカン、本格復帰遠のく…吉本も芸人仲間も敵に回す

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮迫博之の公式YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」第1回エントリー分(2020年1月28日公開)より。

 闇営業問題で所属していた吉本興業から契約を解除されていた宮迫博之(雨上がり決死隊)が1月、YouTubeチャンネルを開設して活動を再開。関係が泥沼化していた吉本と話し合いをしていることなども明かしたが、先月にはメンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店「メンズクリア」のイメージキャラクターに起用され、さっそく公式ウェブサイト上の動画にも出演している。テレビ局関係者はいう。

「宮迫と一緒に吉本を契約解除された田村も1月にライブで相方の田村淳と共に、ロンドンブーツ1号2号として復帰を果たしましたが、この手のスキャンダルの後、まずは舞台などで地道に仕事を再開するのが関の山です。地上波なんて、何年後、何十年後に戻れるか、正直難しいところです。

 たとえ、番組スタッフを味方につけても、吉本が許さなければテレビでの仕事はもらえないでしょうし、反社会的勢力とのつながりが別件でも報じられた宮迫のイメージはかなり悪い。そんな宮迫を起用する大手スポンサーはいませんよ。今回のメンズ脱毛店のCMは、クライアント側が“今なら安いギャラでも仕事を受けてくれるだろう”と踏んで起用したのでしょう」

 では、今回のCMを契機として本格復帰への道が開ける可能性はあるのだろうか。

「広告の仕事は、これ一発止まりだと思いますよ。それに何よりも宮迫の場合、まだ吉本との話し合いに決着がついていない。宮迫本人は“してやったり”と思っているかもしれませんが、この状況を脱しない限り、広告どころか地上波復帰は難しいでしょう。逆にますます吉本との関係が悪化しかねず、結果としてそれはテレビなどでの本格復帰が遠のくことを意味する。華々しい復活にも見えますが、前途多難ですね」

 さらに、吉本芸人の間でも評判が悪くなりつつあるという。

「せっかく明石家さんまの個人事務所預かりにさせてもらい、さんまが舞台での宮迫復帰を模索してくれたのに、それが難しいとなった途端に、勝手にYouTubeを始めたり、CMに出始めたりと、節操もなければ反省の色もない。(ダウンタウンの)松本(人志)もテレビ番組で、『ただ今回のYouTubeに関しては“ちょっとどうなの?”と久しぶりに(宮迫に)言いました。その流すタイミングも』と苦言を呈したことを明かしていましたが、当初は宮迫に同情的だった芸人たちも、今では呆れてますよ」(吉本関係者)

 宮迫の本格復帰は、遠のくばかりだ。

(文=編集部)

関連記事