NEW
ジャーナリズム

新型コロナ、フリーランスが死活問題…イベント中止で「仕事が9割がなくなった」

文=昼間たかし/ルポライター、著作家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナ、フリーランスが死活問題…イベント中止で「仕事が9割がなくなった」の画像1
東京ビッグサイト(「Getty Images」より)

 まさか、こんなオチが待っていたとは、誰が予測していただろうか。新型コロナウイルスの影響で自粛ムードが進むなか、混乱は深刻さを増している。

 各種業界のBtoBを中心とした展示会産業も、そのひとつである。日本最大級の広さを持ち、毎日なにかしらの展示会が開催されている東京ビッグサイト。自粛が求められるなかで、3月のスケジュールはすべてが消滅した。今のところ、4月以降の予定は掲載されているものの、果たして開催されるのか見通しは立っていない。

 東京ビッグサイトではアニメやマンガなど一般入場者を中心とした娯楽系の催しも多いが、より重要なのは、平日のスケジュールを埋めている各種業界の展示会だ。専門性の高い業種では、新たな顧客の獲得が年に数度の展示会というところも多い。それゆえに、中止は文字通り苦渋の選択である。

 展示会のなかで、もっとも早い段階で中止を決めたのは、2月27日からパシフィコ横浜で開始予定だったカメラメーカーの業界団体・カメラ映像機器工業会が主催する「CP+2020」だ。感染拡大が懸念されていた2月6日時点では「計画通り開催予定」としていたものの、14日になって開催中止を決めた。この時点では、多くの展示会では中止に慎重だった。2月上旬に展示会・見本市の業界団体である「日本展示会協会」に尋ねたところ、次のような回答だった。

「手洗い消毒液の設置や救護室の設置、看護師の常駐などを実施して対応しながら、また、会場入り口でマスクを配付したり、サーモグラフィーを設置したりしながら、予定どおり展示会が実施されているのが、現在の一般的状況です」

 しかし、2月26日になり政府が大規模イベントなどの2週間自粛を要請したことで状況は一変。自粛は2週間では終わらないのかとみられたのか、軒並み展示会が中止される事態になっている。

東京オリンピックの余波で関連企業は減収減益

 東京オリンピックの中止も取りざたされるなかで、すべての展示会主催者は頭を悩ませている。インターネットで公開されている東京ビッグサイトの4月以降の予定を見ればわかるが、ほぼ毎日なにかしらの業界展示会や各種の催しが入っている。

 ここまでスケジュールが詰まっている理由は、東京ビッグサイトが東京オリンピックのメディアセンターとして利用されるために、5月以降は秋まで使用できないことが決まっていたからだ。

 東京オリンピックの影響による東京ビッグサイトの供用停止をめぐっては、ビジネスの場を失うことになる展示会主催会社やディスプレイ施工会社、展示会を商談の場としている中小企業などが、東京都などに繰り返し再考を求めてきた経緯がある。

 損失を被る事業者は、東京オリンピック期間中も使用を求めていたが、東京ビッグサイトを管理する東京都は、これに応じなかった。結果、「最大限の譲歩」として、工事が始まり一部が利用できなくなる2019年に、りんかい線青海駅前に仮設展示棟を建設し、さらに工事期間を短縮することによって全面的に使用できない期間を2カ月短縮した。

 それでも、「減収減益は避けられない」というのが関連業者の声だった。そうしたなか、限られた日程に詰め込まれた各種展示会が中止になり、絶望的な空気が漂っているのだ。

 中止の声も浮上する東京オリンピックには延期案も出ているが、それによりしわ寄せを食らう人々もいることは、まったく話題になっていない。

関連記事