NEW
連載
高橋暁子「ITなんかに負けない」

8歳のYouTuberが年収28億円…子ども向け動画、広告表示中止で“稼げなく”

文=高橋暁子/ITジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

ライアン・ケイジくんが運営する「Ryan’s World」

 YouTubeは、小学生など低年齢の子供に特に人気が高いことでよく知られる。将来の夢としてYouTuberを挙げるなど、YouTuberに憧れる小学生も少なくない状態だ。

 米誌「フォーブス」の2019年YouTuber年収ランキングによると、おもちゃで遊ぶ動画などを投稿するチャンネル「Ryan’s World」を運営するライアン・ケイジくん(8歳)がトップ。2019年の視聴者数は2290万人で、年収は前年より400万ドル増の2600万ドル(約28億円)だったという。このチャンネルを支えるのは多くの低年齢の子どもたちだ。同年代のライアンくんが遊ぶ動画を見て楽しんでいるというわけだ。

 このように、これまでYouTubeでは子供向け動画が収益を上げやすくなっていた。ところが、今後は必ずしもそうではなくなるかもしれない。2020年1月、YouTubeは子供向けコンテンツからの視聴データ収集を停止、広告表示を中止としたのだ。

 なぜYouTubeはこのような変更をしたのか。変更の背景とともに、影響の大きさについて解説したい。

すべてのアカウントが変更対象に

 もともとはGoogleおよびYouTubeが保護者の同意なしに子供の個人情報を違法に収集していたとして、連邦取引委員会(FTC)が児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)違反を申し立てたことがきっかけだ。YouTube側は1億7000万ドルの和解金を支払った上、今回の変更を実施したというわけだ。

 今後YouTube動画を投稿する場合、過去に投稿済みのものも含めたすべての動画について、子供向けかどうかという設定をしなければならなくなった。これは、すべての動画投稿者が対象となる。設定を正しく行わない場合は、FTCなどに法令遵守義務違反とみなされたり、YouTubeアカウントになんらかの措置がとられる可能性もあるという。

https://support.google.com/youtube/answer/9527654

 なお「子供」は、米国では13歳未満と定義されている。子供向けコンテンツとして認識されるものは、「子供もしくは子供のキャラクター」「人気の子供向け番組やアニメキャラクター」「子供のおもちゃを使用したお芝居や物語」「ごっこ遊びや創作遊びなど、子供が主役の一般的な遊び」「子供向けの人気の歌、物語、詩」などをメインとしたものを指す。

関連記事