“鼻づまり”が、脇にペットボトルを挟んで圧迫すると解消されると話題にの画像1
「gettyimages」より

 1月14日放送のテレビ番組『あさイチ』(NHK)では、「冬のプチ・エマージェンシー(プチエマ)」脱出術を紹介。冬特有のトラブルから解放されるとあって、視聴者を感動させたようだ。

 冬のプチエマといえば“鼻づまり”だが、ティッシュで思いきりかむと、さらに悪化させてしまうことも。じつは脇には鼻づまりを取る神経が走っているので、つまった鼻とは反対の脇に「ペットボトル」を挟んで圧迫するのが有効だと番組では紹介された。

 鼻に刺激が伝わって呼吸が楽になるという方法で、2分挟むと10分ほど鼻づまりが軽減できるそう。鼻づまりの対処法を実践した視聴者は多かったようで、「効果を疑っていたけど本当に鼻が通ったので感動」「一時的とはいえ効果抜群なので皆も試してみて!」といった声が寄せられていた。

 またニットを着用した際に感じるかゆみや、チクチクとした感触も厄介な問題。そんな時はボディクリームやワセリンなど、保湿効果のあるクリームを肌に塗るとかゆみが軽減されるという。肌が乾燥して敏感になっているため、油分でコーティングすることによってチクチクを感じにくくなる。

 ほかにも、寒くて起きられない朝は「1秒1回のペースで鼻から強く息を吐く」など、誰にでもできる簡単な脱出術が登場。番組公式サイトにも詳細が掲載されているので、冬のプチエマ脱出術を実行しながら寒い日々を乗り切ってみては?

(文=編集部)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合