佐々木希は顔パンパン、佐藤浩市は激ヤセ…外見が不自然に変化したと騒然の芸能人4人の画像1
佐々木希

 俳優の佐藤浩市が「激痩せしている」として、心配の声が上がっている。3月6日公開の映画『Fukushima 50』で主演を務めている佐藤はプロモーションのためにメディア露出が増えており、3月7日にはバラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系)で映画コメンテーターのLiLiCoからインタビューを受ける様子が放送された。

 しかし、頬がこけ、顔全体がほっそりした様子に加え、覇気のない感じの佐藤に、視聴者からは「なんか急激に痩せていて心配になるレベル」「ガタイのいいイメージがあっただけに、印象まで違って見える」「顔が一回り小さくなっているのでは?」「役作りであってほしい」との声が噴出した。

「佐藤といえば、昨年9月に公開された三谷幸喜監督の映画『記憶にございません!』にも出演しており、当時もプロモーションでメディア露出が増えていましたが、今のような声は上がりませんでした。もちろん、映画の中の姿も特に変わった様子はなく、それだけに、この数カ月で何があったのかと心配になってしまいます」(週刊誌記者)

 一方、「顔がパンパン」と話題になっているのが、モデルで女優の佐々木希だ。「フライデー」(講談社/3月13日号)に夫の渡部建、1歳の長男とともに都内の飲食店をハシゴする様子が報じられ、子どもを抱きかかえながら店に入る佐々木の写真も掲載されている。そのメガネ姿の佐々木に「これ誰?」「だいぶふっくらしたね」「不意に撮られたのかもしれないけど、ただのオバサンに見える」「インスタの自撮りと別人じゃない?」といった声が噴出したのだ。

「女性芸能人はルックスの変化が話題になりやすいので仕方ない面もありますが、最近では後藤真希にも“激痩せ疑惑”が浮上しました。2月28日にインスタグラムに投稿された自撮りが、頬がこけてやつれているように見え、ファンから『ちょっと痩せましたか?』『痩せすぎ』というコメントが寄せられたのです。後藤は昨年、自身の不貞が明らかとなり、裁判沙汰になっていることも報じられました。その騒動が尾を引いていなければいいのですが……」(同)

 また、3月10日放送のバラエティ番組『火曜サプライズ2時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演し、事実上の芸能界復帰を果たしたウエンツ瑛士にも「かなり老けた」との声が上がっている。ウエンツは本場のミュージカルを学ぶために2018年10月からイギリスに留学しており、同番組で約1年半ぶりに本格的にテレビ出演を果たした。

 しかし、以前と比べて短い髪型に変わったからか、「頭髪がだいぶ後退した気がする」「雰囲気が変わったというか、老けたというか……」「良く言えば大人っぽくなった」といった反響がみられるのだ。

 ちょっとした変化がツッコミの対象になってしまう現象も、芸能人ならではの“有名税”のひとつというべきか。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ