NEW
連載
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

スーツ選び&着方、“最低限知っていれば”失敗しない!襟も袖も「1.5センチ」がカギ?

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】

, ,

1.スーツスタイルとノーネクタイスタイルの違いを理解する

 就職活動の服装となると誰も疑わずにブラックスーツ一辺倒になる奇妙な習慣が続いています。今回は、スーツを着る習慣が広まった背景や、スーツの選び方、ネクタイの結び方をイラストでわかりやすくお伝えします。

 スーツのルーツは諸説ありますが、19世紀のイギリスの上流階級の男性服とされます。今でもモーニングやタキシードが礼服として、当時のスタイルのまま脈々と残っています。スーツが長い歴史をたどりながらも世界中のビジネスパーソンに着用されているのには、それなりの理由があります。

『一流に見える服装術』(たかぎこういち/日本実業出版社)

 最大の理由は、世界中どこでもスーツが初対面の人にも良い印象を与えるスタイルであることです。しかし、残念ながら多くの日本人は誰もそのルールを教えてもらったことがない。特に男性の身だしなみについては、まだ因習的な価値観に支配されています。正しくスーツを着ることは、お洒落でなく社会人としての素養のひとつです(具体的なポイントについては次章で解説します)。

 また、ビジネスウエアのカジュアル化が、政府主導でルールが無視されて混迷を深めています。ノーネクタイスタイルが定着化した理由のひとつは、地球温暖化です。さらに米国IT産業で主流だったアメリカ人好みのカジュアルスタイルが、IT産業の成長に伴い世界に広まったという面も大きいでしょう。

2.スーツ選びのポイント

ユニクロHPより

 スーツは物価の超優等生です、安価で良いスーツが溢れています。国内で販売されているものは、それなりの品質基準を満たしています。その選び方さえ間違わなければ、失敗することはありません。正しいスーツ選びの具体的なポイントは以下の通りです。

(1)上着の肩山が肩に沿うサイズ。肩から落ちない、上がらないサイズ。“上着は肩で決まる”と考える。

(2)前ボタンを留めた際に拳が入る程度が正しいサイズ

(3)袖丈はワイシャツが1~2センチ見える長さ

(4)ワイシャツの襟が上着着用時に後ろの襟から1~2センチ見える

(5)上着丈はヒップが丁度隠れる長さが基準

(6)ウエストはベルトなしで止めるサイズ

(7)裾丈はワンクッションと呼ばれる少し靴に掛かってたるみができる長さ

 上着のボタンはひとつだけ止めるのが決まりです。座った時には外しましょう。

 ワイシャツの首回りのサイズはボタンを留めた際に指が1、2本入る程度を選んでください。1着目のスーツはネイビーかグレイが基本です。ブラックは避けましょう。

関連記事