小倉優子の夫、離婚危機の理由報道を否定…小倉側の情報操作失敗か、小倉と全面対決の画像1
小倉優子

 離婚の危機が報じられていたタレントの小倉優子の夫が、ついに動き出した――。

 小倉は、2011年10月に人気ヘアメイクアーティストの菊池勲氏と結婚し、長男と次男をもうけたものの、17年3月に離婚。その後、18年12月に都内で歯科医院を開業している歯科医師・A氏との結婚を発表した。

 小倉は現在妊娠中であることも公表し、SNS上でも夫婦仲が良好であることをうかがわせる投稿をしていたが、今週、2人はすでに別居中であり、A氏側は弁護士を立てて離婚を進める姿勢を見せていると報じられた。

 そのA氏は13日放送のテレビ番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)に出演し、“A氏から小倉に芸能界を引退して専業主婦になるよう求めた”“A氏が昨年12月に突然、家を出て行った”などの報道を否定した。さらに、

「お腹の子に限らず、子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては私が最も望まないかたちになっている」

「私自身も本当にどうなってしまうか、わからない状態です。詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょうし、子供をより傷つけることになるので、あまりたくさんお話することができなくて申し訳なく思っています」

などと語ったという。

「当初の報道は、まるでA氏が小倉に芸能界を引退するよう迫り、勝手に家を出て行ったことが離婚危機の原因であるかのようなトーンでした。このほかにもA氏にとってマイナスの内容も報じられており、まるで小倉が被害者であるかのような内容にも受け取れるものでした。そもそも、当人同士しか知り得ない極めてプライベートな情報が、なぜ事細かに表に出ているのかという点にも違和感があります。

 そのため業界内では、離婚を見越して小倉の所属事務所サイドがマスコミに情報を流して、小倉擁護の世論をつくり出そうとしているのではないかとみられています。そして今回、A氏が公然と反論を展開したことで、小倉サイドとAさんはまさに“全面対立”に突入した。もし小倉サイドがマスコミを使って情報操作をしようとしていたとすれば、その戦略に狂いが生じたともいえます」(週刊誌記者)

 また、別の週刊誌記者は語る。

関連記事