オイシックス、新型コロナで注文数3倍に…ワタミ、弁当宅配を一食200円に値下げの画像1
「オイシックス HP」より

 東京株式市場では新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、不安定な値動きが続くが、コロナウイルス禍をビジネスチャンスとする企業群にスポットライトが当たっている。なかでも、オイシックス・ラ・大地(東証マザーズ上場)は内食需要を取り込む銘柄として注目されている。

 オイシックスの株価は、2月26日に一時143円(13%)高の1267円まで上昇した。終値は9%高の1223円。上昇率はこの日の東証マザーズで5位。売買代金は前日の4倍に膨らんだ。オイシックスは野菜などの生鮮食品や、下ごしらえした食材とレシピをセットにした「ミールキット」の宅配を手がける。

 にわかに材料視されているのが「巣ごもり消費」だ。新型コロナウイルスの感染が国内で広がっているのを受け、外出を控える消費者の需要にどの企業が応えるのかと銘柄探しが行われている。

 買いの主体は短期志向の個人投資家だ。持続的な株高につながるかどうかは読み切れないところがあるが、同社が「巣ごもり消費」に向けた商品提案を進めていることが評価された。3月5日、オイシックスの株価は反発。一時は前日比49円高の1307円をつけた。終値は前日比27円高の1285円。「昨年来高値は昨年1月17日の2140円だから、値上がりの余地は残っている」と、強気のアナリストがいる。

会員向け宅配サービスは3倍の伸び

「ミールキット」は、家族の人数分に合わせ、定期的に一定の数量の食材を宅配している。主菜と副菜の2品が20分程度で完成するキットで、オイシックスが契約した農家の野菜が提供される。人気商品は「そぼろと野菜のビビンバ」(1814円)。3月1日の注文件数は、休校要請が出た直後の2月28日に比べ3倍に伸びた。

 全国の小中学校の臨時休校の要請があり、給食向けの牛乳が宙に浮く事態となった。オイシックスは3月5日、給食用の牛乳の売り先を確保する取り組みを始めた。三重県四日市市の酪農家のグループが生産する牛乳を、通常より3割安い値段で提供する専用コーナーをサイト上に緊急に開設した。このグループは1日当たり7トンの牛乳を地元の学校に提供していた。家庭で牛乳を飲む量を増やすのには限度がある。クリームスープやイチゴミルクなど牛乳を使うメニューのレシピをコーナーに掲載。牛乳を家庭で消費しやすくするよう工夫した。余った牛乳の支援コーナーは4月初めまで続ける予定だ。こうした取り組みによりオイシックス株に関心が高まった、との見方もできる。

関連記事