NEW
芸能・エンタメ

小倉優子、再び離婚危機は“身から出た錆”…前夫と離婚→セレブ婚を焦った代償

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小倉優子、再び離婚危機は身から出た錆…前夫と離婚→セレブ婚を焦った代償の画像1

 タレントの小倉優子が今月11日付サンケイスポーツで、2018年12月に交際半年で“スピード再婚”した歯科医・A氏と離婚危機であると報じられた。所属事務所のプラチナムプロダクションは翌12日発売の「女性セブン」(小学館)の取材に対し、「関係修復に向けて話し合いを進めていると聞いております」と回答している。小倉といえば第3子、A氏との間では初の子どもを妊娠中であることを発表したばかりの出来事だっただけに、世間を驚かせた。

「報道によれば、Aさんが小倉に芸能界の仕事を辞めて家庭に入ってほしいと伝え、小倉がそれに反対するうちに口論も絶えなくなり、夫が自宅を出て行ったといいます。すでに夫側は弁護士を立てて離婚を進める姿勢を見せ、前夫との間の2人の子どもとの養子縁組も解消する手続き書類も届いたと報じられていますが、本人同士しか知り得ない細かい内容が、あたかもAさんが一方的に離婚を進めていて小倉が“被害者”であるかのような報じられ方がされているのが気になります。

 小倉がスピード婚に至る経緯を振り返ってみると、11年に結婚した人気ヘアメイクアーティストの菊池勲氏が、小倉の事務所の後輩グラビアアイドルと不倫していると報じられたのが16年8月。小倉は当時、第2子を妊娠中でしたが、17年3月の離婚までは早かった。Aさんとも交際開始から半年ほどで結婚に至ったとみられ、何事も一度決めたら迷わずすぐに突っ走る小倉の性格がうかがえます」(週刊誌記者)

 そんな小倉の性格が、今回の離婚危機を招いたのではないかと、業界関係者は語る。

「小倉のママ友であるギャル曽根が、かつて小倉との待ち合わせに少し遅れただけで一日中口をきいてくれず、絶対に小倉を怒らせてはいけないと思ったと明かしていました。小倉は意志が強くしっかり者というのはいいんですが、貪欲でプライドが高く、とにかく気が強い。どんな相手に対しても自分の意思を貫き通そうとして、見方によっては“わがまま”。夫がしっかりした人であればあるほど、ぶつかるでしょうし、そんな小倉に現夫も嫌気がさしたのでしょう。前夫に裏切られて崩れたプライドを回復したい一心で、スペックが良い今の夫との再婚を焦ったのが間違いだったのではないでしょうか」

 すでに別居中だとされるが、夫婦関係の修復は難しいかもしれない。

(文=編集部)