小倉智昭のキレのなさが目立つ『とくダネ!』

 かつて8時台のワイドショーの代名詞だった『とくダネ!』は、今や裏番組の『羽鳥慎一モーニングショー』の前に完敗しているという。

「高齢化による、小倉智昭のキレのなさが目立ってきました。これまでは小倉の毒のあるコメントが受け入れられてきたのですが、最近はSNSの発達により、むしろ敵視されています。また、これまでの中江有里、三浦瑠麗といったコメンテーターに加え、昨年9月末から『スペシャルキャスター』という肩書きで、石黒賢、メイプル超合金のカズレーザーなどが日替わりで登場するようになりました。番組に統一感がなくなり、見にくくなったのも低迷の要因ではないでしょうか」(同)

 この果てしなき戦いの結末はいかに。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ