NEW
ヘルス・ライフ

無印良品、春に大活躍する日用品5選…マスク着用時に重宝するスプレー、しなやかなタオル

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

【完了】無印良品、春に大活躍する日用品5選…マスク着用時に重宝するスプレー、しなやかなタオルの画像1
無印良品の店舗

 シンプルかつ質の良い生活雑貨を販売し、世界中にファンを抱える無印良品。一度も無印良品の製品に触れたことがない人は少ないのではないかと思わせるほど、広く浸透している。

 最近では、「無印良品週間」という会員限定セールを定期的に開催したことや、価格の見直しが功を奏しており、同チェーンの業績は好調だ。運営元の良品計画が1月10日に公表した2020年2月期の第3四半期累計(2019年3~11月)決算では、売上高が3282億円と、前年同期比7.9%増。国内直営既存店の売上高は、2019年5月から8カ月連続で前年同期を上回っている。

 今回は、そんな無印良品の商品のなかから、ネット上の口コミやレビューを踏まえて「この春、買うべき日用品5選」をピックアップした。ぜひ、ショッピングの参考にしていただきたい。

マスクスプレー・和ハッカの香り 50ml/690円(税込、以下同)

【完了】無印良品、春に大活躍する日用品5選…マスク着用時に重宝するスプレー、しなやかなタオルの画像2

 花粉やウイルス対策として、マスクを着用する機会が多いこの時期に紹介したいのが、「マスクスプレー・和ハッカの香り」だ。こちらは、マスクの外側に吹きかけるためのリフレッシュスプレー。新品のマスク特有の、化学薬品のような匂いが苦手というユーザーに重宝されているようである。

 マスクをおろしたてのときだけでなく、長時間着用していてリフレッシュしたくなったときにも最適。公式に推奨されているとおり、5プッシュ程度吹きかけてみたところ、和ハッカの爽やかな香りがしっかり感じられた。

 さほど持続性はないものの、フリスク的な使い方をするのにはちょうどいいため、鞄に忍ばせておけば大活躍してくれることだろう。ちなみに、無印良品のマスクスプレーとしては、ほかにも「シトラスの香り」も販売されている。容量・価格は同じだ。

ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大(約横幅60.5×奥行き39×高さ37cm)/1790円

【完了】無印良品、春に大活躍する日用品5選…マスク着用時に重宝するスプレー、しなやかなタオルの画像3

 無印良品の収納アイテムの話題になると名前が挙がりやすいのが、この「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大」だ。商品名にもあるように、つくりはかなり頑丈で、安定感バツグン。そして深さも十分な、大容量の収納ボックスだ。

 また、実はこの商品、アウトドア用品としてもキャンパーたちから熱烈な支持を受けているらしい。耐荷量が100kgあるのでイス代わりにもなるうえ、フタを外して天板を載せれば簡易テーブルとしても利用できるからだ。

 なお、サイズは「大」以外にも、「小」(1290円)と「特大」(2590円)が展開されている。容量や持ち運びの手軽さといったバランスを考慮すると、「大」がもっとも人気があるようだが、ご自身のニーズに合わせて検討してみてほしい。

RANKING

関連記事