NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

「日本の子どもは自己肯定感が低い」問題視は的外れ…中身がなくても自信満々な欧米人

文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士
【この記事のキーワード】

, ,

 私たち日本人は、「自分は価値のある人間だと思いますか?」と尋ねられたとき、「もちろん非常に価値のある人間だと思います」と答えるよりは、「まあ、人並みには価値のある人間だとは思います」と答えることが多いのではないか。また、「今の自分に満足していますか?」と尋ねられても、「十分満足しています」と答えるより、「まだまだ満足とまでは言えません」と答えることの方が多いはずだ。そのように答えるように、私たち日本人は、文化的に条件づけられているのである。

 だからといって、日本人、あるいは日本の子どもたちが、自信がなく、情けないというように判断すべきではない。

 欧米人と接したことのある人は、その自信たっぷりな態度に圧倒されたことがあるはずだ。何を言うにも自信満々に見える。謙虚さなど微塵もない。直接やりとりしたことがない人でも、テレビのニュースや映画などで、欧米人の自信満々に自己主張する姿を目にしたことがあるのではないか。

 ただし、話す内容をよく吟味してみると、たいしたことを言ってなかったり、何の根拠もなく勝手な主張をしているだけだったりする。ゆえに、けっして引け目を感じることはないし、自分たち日本人もあんなふうに自信たっぷりにならねばなどと思う必要もない。

ハッタリで適応する欧米人、謙虚さで適応する日本人

 そもそも自己を肯定し、虚勢を張ってでも自信満々に振る舞い、自己主張していくのは、欧米文化において重視されてきたことである。そのような文化のもとで育つ欧米の子どもたちは、ハッタリをかまして、自信満々に振る舞うようになる。そうでないと生き抜いていけない社会だからだ。中国人も韓国人も、子どもたちは、日本人と比べたら、遠慮なく自己主張する文化の中で育つため、自分勝手な主張も平気でするようになる。

 一方、日本では、謙遜や謙虚さを美徳とするため、自己肯定は控えめにして、相手を尊重することが重んじられる。自己を肯定しすぎるのは見苦しいといった感受性がある。当然、自己主張も控えるようになる。

 そのような文化のもとで育つ日本の子どもたちは、たとえどんなに成果を出しても、自信があっても、「自分はまだまだ力不足です」「もっと力をつけるように頑張らないと、と思います」「みなさんのおかげです」などと言うようになる。子どもたちの模範となっている、活躍しているスポーツ選手や芸能人なども、そのように謙虚な姿勢を見せているはずだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合