NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

「日本の子どもは自己肯定感が低い」問題視は的外れ…中身がなくても自信満々な欧米人

文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士
【この記事のキーワード】

, ,

 ゆえに、「日本の子どもは世界の中でもとくに自己肯定感が低い」というデータを真に受けて問題視すること自体、大きな勘違いに基づくものと言わねばならない。

 欧米流の自信満々の振る舞いも、日本流の控えめな振る舞いも、それぞれの文化に適応的な自己呈示によって身につけられたものといえる。自己呈示というのは、自分が望む印象を与えるために、自分の出し方を調整することである。欧米では、常に自信たっぷりに自己主張するのが望ましいといった価値観があるため、欧米の子どもたちはどんなに自信がなくても、自信満々に見せなければならない。日本には、謙虚さを身につけた者が成熟した人間であるといった価値観があるため、日本の子どもたちは、どんなに自信があっても、謙虚な姿勢を見せなければならない。

 国際比較データを評価する際には、このような文化的背景を十分考慮する必要がある。データのもつ意味は、それぞれの文化的文脈のもとで解釈しなければならないのだが、データの意味の解釈に疑問を感じざるを得ないことが多い。欧米に追随しようとする教育政策に走りがちな現状を見るにつけ、どうもそのあたりの勘違いが横行しているように思えてならない。

 グローバル化というのは欧米化ではなく、個々の固有な文化を大切にし、認め合うことであるはずだ。日本の子どもの自己肯定感に関するデータも、そうした観点から解釈すれば、けっして単に自信がないというような問題ではないことがわかるだろう。

(文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合