NEW
連載
村井英一「お金の健康法」

ネットでのマスク転売は悪くない、むしろ人助け…政府の転売規制は不足を長引かせる

文=村井英一/家計の診断・相談室、ファイナンシャル・プランナー
【この記事のキーワード】

, ,

「gettyimages」より

 新型コロナウイルスの影響で、マスク不足が続いています。ネットオークションでは、通常の数倍もの価格で取引されています。マスク不足に乗じて、荒稼ぎをしている出品者もいるようです。一方、病気などでどうしてもマスクが必要な人もおり、高値で売却した人のモラルを問う声が挙がっています。ただ、この批判、実はあまり適切ではありません。今この時期にマスクを出品する人は“いい人”なのかもしれません。

ネットでマスクが高騰したわけ

「オークション」という取引の仕組みは、もっとも高い価格で購入を希望した人が購入できる売買で、いろいろな取引に活用されています。その中でもネットオークションは、売る場合も買う場合も参入の制約が少ない、比較的自由な取引市場です。入札が増えると価格が上昇しますが、出品が多いと安くなります。

 価格がすぐに動くのが特徴で、需要と供給が均衡する点で価格が決まります。需要が多いと価格はどんどん上昇していきますが、「売り切れ」はほとんどありません。この点が店舗での販売と違うところです。店舗での販売の場合、人気があっても急に値上げをすることはあまりありません。品不足で大幅な値上げをすると、「消費者の足元を見ている」とお店の評判を落としてしまうからです。その代わり「売り切れ」となってしまいます。

 今回、マスク不足となったのは、多くの人が不安になって急にマスクを購入したからです。マスクが飛ぶように売れても、店舗販売では価格が据え置かれています。たいした金額ではありませんので、今までマスクをしなかった人が念のため購入したり、いつもマスクを使っている人が余分に購入して、備蓄をしたからです。急激な需要増に対して供給が追い付かず、マスク不足となりました。スーパーやドラッグストアの店頭では、値上げこそしていないものの完売状態で、購入することができません。

 一方、ネットオークションでは常に出品はありますが、価格が高騰しています。これこそが、オークションの特徴です。ネットオークションはすぐに価格が上昇しますので、今までよりかなり高い価格でしか購入できません。しかし、それでも必要とする人は購入することができます。これはとても大切なメリットです。価格が上昇すると、「念のため買っておこう」という人は購入をためらいます。医療関係者や病気の人など、どうしてもマスクが必要な人は、高い価格にはなりますが、確実に入手することができるのです。

関連記事