NEW
芸能・エンタメ

『グッとラック!』立川志らくの東出昌大“擁護”に批判殺到「的外れ」「MC辞めるべき」

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『グッとラック!』立川志らくの東出昌大擁護に批判殺到「的外れ」「MC辞めるべき」の画像1
TBS放送センター(「Wikipedia」より)

 俳優の東出昌大が唐田えりかとの不倫報道後、初めて公の場に姿を現し、一連の騒動について語ったことが注目を集めている。東出は3月17日、都内で行われた、ドキュメンタリー映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』の公開直前トークイベントに豊島圭介監督とともに登場した。

 そのイベント後、東出は囲み取材で報道陣からの質問に応じたが、沈黙する時間が長く、「お答えできない」「申し上げられない」を連発するなど、明言を避ける場面が目立った。唐田とは別れたことを明かしたものの、「杏さん、唐田さんのどちらが好き?」という質問にも「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので、また、私の心の内を今ここでしゃべるのは妻を傷つけることになると思いますので、申し訳ありませんがお答えできません」という回答にとどまった。

 また、別居後、3人の子どもには会えていないが、妻の杏が操作してくれるビデオ通話で毎晩のように連絡を取っているという。しかし、その杏への気持ちについて聞かれても「やはり、感謝の気持ちはあります。ただ、彼女がどういう思いの中、子どもたちとの連絡をつなげてくれているのかは想像はしますが、今、その気持ちを代弁することはやはりできません」と、率直な心境を吐露することはなかった。さらに「関係は戻るのか。離婚の方向に進むのか」という質問にも、「現時点では申し上げられません」と事実上のノーコメントを貫いた。

 これを受けて、ネット上では、特に「杏と唐田のどっちが好きか」という質問への対応について「なんで黙るの?」「『浮気相手のほうが好き』って言ってるのと同じ」「これは完全にアウト」「この態度が一番妻を傷つけるのでは……」といった声が上がっている。

 3月18日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、この東出の会見を取り上げ、MCの立川志らくが「演劇界でも落語界でも、こういうときはマスコミいっぱい集まっちゃうんだね」とコメント。さらに、「家族内のことは、家族で話し合いをすればいいんですよ。私も含めてね」「それでいいのよ、他人は大きなお世話なので」と、自身の妻が弟子との不倫疑惑を報じられたことを踏まえて、持論を展開した。

 高野貴裕アナウンサーから「でもどっちが好きかって聞かれたら、あそこは妻って言ってほしいような気がしますけども」と言われると、「言ってほしいけど、あんなこと聞かなくたっていいじゃない」と一刀両断。「家族の中で話がちゃんとつけば、それでいいんですよ」と繰り返した。

 しかし、これに対してネット上では「東出の場合は明らかに家庭の中で話がついてないんですけど……」「珍しくまともなこと言ってると思ったら、若干ズレてた」「つまり、擁護してるってことね」「矛盾してない? だったらワイドショーのMCなんか辞めるべき」「自分の意見を押し通したいのはわかるけど、ちょっと的外れかな」との声が噴出している。

 東出の不倫が報じられた今年1月にも、志らくは『グッとラック!』で「彼は落語がとても好きなんで……こうなったら開き直るしかないですね」「『芸の肥やし』とか言ってね」などと擁護する発言をして「仲間だからかばってる感じ」「当事者が聞いたらどう思うか……」「身内に甘すぎ」などと波紋を広げた経緯があるだけに、批判を呼んでしまったようだ。