NEW
連載
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

スタバとサザコーヒー、新型コロナ渦中でも盛況…店員も客もマスク姿、窓開け+毛布で飲食

文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
【完了】スタバとサザコーヒー、新型コロナ渦中でも盛況…店員も客もマスク姿、窓開け+毛布で飲食の画像1
「Ninety Plus社 ゲイシャラテ」(2020年3月)

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数あるジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

「この周辺の企業はリモートワークも多く、社員が出社する場合は『申請書』が必要という会社もあると聞きます。いつもの営業フェアに比べて静かですよね」

 3月2日、サザコーヒー丸の内KITTE店の店長はこう話した。店があるのは東京駅前の商業施設「キッテ(KITTE)」だ。

 1969年創業のサザコーヒー(本店・茨城県ひたちなか市)は、2月29日から3月3日まで「サザコーヒー50歳感謝まつり」という営業フェアを国内全14店で開催した。

 政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のために各種イベント自粛要請を行うまでは、各社の対応は分かれた。サザは代表取締役副社長の鈴木太郎氏が2月下旬、意向をSNSで伝えた。内容のポイントは以下のとおりだ。

「今年は『窓あけ 換気営業』をいたします」

「このウイルスは空気感染するので密室ではなく、喫茶も物販も空気の流れのある環境で営業します」

「環境が整わない場合は営業を断念することもありますが、インターネット通販はリスクも少なく、非接触型の関わり方なのでお勧めいたします」

 それを受けての3月2日だった。視察した午後2時過ぎの店内は、いつもの営業フェアの活気はない。それでもお客さんはマスク姿で訪れ、コーヒーを楽しんでいた。筆者も1杯700円の「Ninety Plus社 ゲイシャラテ」(通常は1杯3000円)を頼んだ。

 コロナ感染拡大防止で消費活動の自粛が続くなか、人気カフェはどんな思いで営業を続けるのか。店舗の現状を紹介しつつ、終息後の消費者心理も考察したい。

スタバが「リリース」に込めた思い

【完了】スタバとサザコーヒー、新型コロナ渦中でも盛況…店員も客もマスク姿、窓開け+毛布で飲食の画像2
KITTEで行われた「サザコーヒーの感謝まつり」(2020年3月)

 同じ3月2日、スターバックスコーヒーがニュースリリースを発信した。題名は「新型コロナウイルス感染拡大と予防に関する店舗オペレーション変更のお知らせ」だ。

 同日時点で、国内全店舗(1500店超)にて実施を決定している内容を明記し、理解を呼びかけた。具体的には「お客様が持参したタンブラー、店側が提供するマグカップやステンレスフォークやナイフの使用を中止」、(代わりに)「紙カップやプラスチックフォークでの提供」「店舗パートナーのマスク着用や手洗い回数の頻度増」「テーブル、ドアノブなど接触の多い箇所について、頻度の高い消毒と衛生管理の徹底」などだ。

 同社は、「安心安全を前提に、このような状況だからこそ、一杯のコーヒーを通じて、ほっとしたひと時をお客様にお届けすることも、重要な役割だと考えています。刻々と状況が変わる中なので、日々、政府や自治体からの方針を注視し、現時点でお客様及びパートナーにとって感染拡大防止や予防になると思われる対策を進めます」と語った。