木村拓哉の長女、お姿めぐり論争状態…「純朴で逆にイイ」「女優として秘めた可能性」の画像1
木村拓哉と工藤静香の長女、Cocomi(左)(「Kōki,(@koki) • Instagram写真と動画」より)

 木村拓哉と工藤静香の長女、Cocomiが芸能界デビューを果たすと、19日、各メディアが一斉に報じた。今月発売の女性ファッション誌「VOGUE JAPAN」(コンデナスト・ジャパン/5月号)の表紙を飾るほか、Cocomiへのインタビュー記事も掲載されるという。さらに、世界的ブランド「ディオール」のジャパンアンバサダーにも就任すると伝えられている。

 木村と工藤の娘といえば、2018年に次女のkoki,が雑誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)で表紙を飾り、長女であるCocomiより一足早くデビューし、「シャネル」や「ブルガリ」のアンバサダーに起用されるなどして話題を呼んできた。一方、長女のCocomiはフルート奏者として音楽スクールの名門、桐朋女子高等学校音楽科で学び、昨年には日本奏楽コンクールで準グランプリを受賞したと報じられている。

 Cocomiのデビューを後押しするかのように、木村は19日、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」の公式アカウント上で、娘2人をとえた写真とともに「go FLY! my ANGELS!(羽ばたけ、俺の天使たち)TAK」と投稿し、エールを送った。

「木村に限らず、ジャニーズのタレントが自身の家族について公けに語ることは、これまでご法度とされてきました。事務所の経営を仕切ってきた(藤島)メリー(泰子現会長)さんの意向だとされますが、メリーさんの懸念が的中するかのように、ここ1~2年、工藤が“家庭での木村”の様子を匂わす投稿をインスタ上でするたびに、ファンから反感を買う事態を招いています。それでも今回、木村がSNSでkoki,とCocomiにエールを送ったのは、やはり娘への強い愛情の表れかもしれませんね」(週刊誌記者)

 そんなCocomiだが、19日に本人の写真と共にデビューが公開された直後から、インターネット上では以下のようにさまざまな意見があがっている。

「木村君と工藤さんの良いとこどりばかりで才能の塊のような人物ですね。絶対成功する」(原文ママ、以下同)

「まぶしい!」

「おキレイ」

「頑張ってほしいです」

「木村家かっこいいじゃん。突き抜けてる。なんだかんだ言われたって突き抜けた場所に辿りつけるのは運も実力も準備もある人」

「妹さんも洗練されてきた。お姉さんも今後『めっちゃ綺麗なフルート奏者』って人になって欲しい」

「正直、そんなに可愛くないし美人でもない」

「普通のお顔だよ」

「残念ながら魅力は感じなかった」

人気女優に化ける可能性?

 Cocomiの今後の活動に期待を寄せる声が多い一方、“親の七光り”“親のコネでデビュー”などと厳しい声も多く、ネット上ではまるで論争のような状況が繰り広げられているが、テレビ局関係者は語る。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合