NEW

au PAY+Ponta合体の衝撃…ユーザは“二重取り”可能、勝手にポイント貯まる仕組み

文・取材=後藤拓也/A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

au PAY+Ponta合体の衝撃…ユーザは“二重取り”可能、勝手にポイント貯まる仕組みの画像1
au PAY」サイトより

 NTTドコモとメルカリは2月4日、キャッシュレス決済の分野で業務提携することを発表した。この提携により、NTTドコモの共通ポイントであるdポイントが、メルカリの運営するフリーマーケットアプリで利用できるようになるという。

 2019年12月には、auを運営するKDDIも、Pontaを展開するロイヤリティ マーケティングと資本・業務提携し、5月を目途にau WALLETポイントをPontaポイントに統合すると発表している。

 大規模な業務提携が続いているポイント業界。どうやら激動の時代を迎えているようだ。そこで今回は、ポイント交換案内サービス「ポイ探」代表取締役で、ポイント業界事情に詳しい菊地崇仁氏に、業界再編の背景やポイント経済圏のこれからについて聞いた。

“○○ペイ”の再編に動きが左右されている

 初めに、今回のドコモとメルカリの提携について、この動きの背景を考察していただいた。

「ポイントの統合というよりも、“○○ペイ”の再編として捉えたほうがいいと思います。NTTドコモのd払いとメルカリのメルペイ、この2つのスマホ決済サービスを連携させることが主眼で、そこにdポイントも付けようという考えでしょう。

 もちろんNTTドコモには、連携によりdポイントの利用者を増やしたいという思いもあるでしょうし、もともとメルペイの利用でポイントを付与していなかったメルカリは、ポイントサービスを強化したいという狙いもあるでしょう」(菊地氏)

 ポイント業界の再編につながる大規模な連携・提携は、スマホ決済サービスが引き金となって起こっているようだ。

「“○○ペイ”というサービスは数多く出てきましたが、結局は通信キャリアが中心となるかたちで集約され始めています。スマホ決済サービスは、当然スマホがなければ決済できないですし、ネットにつながる回線が必要になるので通信キャリアと相性がいいんです。

 ですから今回のNTTドコモやauも含めて、キャッシュレス決済で大きな動きを見せているのは通信キャリアが主となっていますし、結局ポイントの統合うんぬんというよりも、キャッシュレス事業で通信キャリアがどう動くかによって、ポイント業界も変化しているというのが現状なのです。どのポイントサービスが、どの“○○ペイ”が、どの通信キャリアを取るかというような戦略的な駆け引きが行われており、NTTドコモは手をつなぐ“○○ペイ”としてメルカリのメルペイを選び、auはうまくいっていないau WALLETポイントをPontaポイントに切り替えてしまおうという発想なのでしょう」(同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ