NEW
連載
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

マスク不足の謎を徹底検証…過去10年で供給量15倍?「顔のパンツ」利用を禁止すべき

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
【この記事のキーワード】

, ,

新型ウイルス肺炎が世界に拡大 日本国内でも警戒(写真:アフロ)

マスクがない!

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染が広がるとともに、ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパー、どこに行ってもマスクが品切れで手に入らなくなった。これに対して、日本政府は法律に基づきマスクの買い占めやインターネットでの転売を禁止することなどを盛り込んだ総合対策を取りまとめている。

 この非常事態に、シャープは、液晶ディスプレイを生産している三重工場のクリーンルームで1日50万枚(月産1500万枚)のマスクを製造すると発表し、筆者を驚かせた(人々の役に立つのだからよいことだと思うけれど)。

 しかし、なぜ、これほどマスクが足りないのだろうか? 転売目的で買いだめしている不届き者がいたのは事実だと思うが、それにしても、この足りなさは尋常ではない。

 そこで本稿では、まず、通常レベルのマスクの供給量、マスクの国産と輸入の割合に関する定量データを示す。次に、日本人が異常なほど大量にマスクを消費している実態を明らかにする。その背景には、「だてマスク」もしくは「顔のパンツ」としてマスクを使用している人が多数いることを指摘する。その上で、コロナ対策のためには、本来の目的以外でのマスク着用を禁止するべきだとする結論を述べる。

マスク供給量

 図1に、一般社団法人・日本衛生材料工業連合会が公開している2009年~2018年までの、家庭用、医療用、産業用マスク枚数の推移を示す。

 2009年に新型インフルエンザが流行して、一時的に年間44.6億枚とマスクの需要が急増した。しかし、2010年に6.7億枚、2011年に8.4億枚に大きく減少した。恐らく、通常なら10億枚弱もあれば、マスクは十分足りるということなのだろう。

 ところが、2012年以降にマスクの供給量が飛躍的に増大していき、2015年以降は2009年の水準を超え、2018年には55.4億枚に達する。このような膨大な枚数のマスクをどのように供給しているかというと、図2に示すように、2012年以降は約80%を輸入に頼っている。最近の報道では、輸入元は中国であるという。

 さらに、日本では自治体や企業が、非常時に備えてマスクを備蓄している(図3)。その備蓄量は、2013年と2014年は14億枚以上と多かったが、2016~2018年は8~9億枚程度となっている。

 以下では、家庭用マスクに焦点を当てて、分析を行うことにする。

関連記事