「らんまくん」のツイッターアカウントより

 チャンネル登録者数11万8000人を誇るYouTuberらんまくんが、交際相手の女性に暴行を加え逮捕された。らんまくんは、「〇〇を歌ってみた」などの動画で人気を博し、ツイキャスやライブなどでもファンを広げていた。

 事件が明るみに出た発端は、3年間交際していたという女性がツイッター上で「昨日らんまくんは泥酔して私に暴力振るってきたので通報して逮捕してもらいました」と暴露したことによる。その後、らんまくんのツイッターやYouTubeの更新が止まっていたが、23日夜にツイキャスにて本人が事件の詳細を語った。

 らんまくんは交際女性と酒を飲んだが、彼の自宅に向かう途中で口論となり、自宅にて暴力を振るった。その後、女性が警察に通報して逮捕されたという。現時点で、らんまくんは相手女性への接触が禁止されており、まだ謝罪もできていないと明かした。そのため、生配信で相手女性とファンに向けて謝罪コメントを述べた。

 女性と交際中、ほかの女性と関係があり、喧嘩をしたことがあるとも告白。その時には許してもらったというが、別れたり付き合ったりを繰り返したという。視聴者から「日常的に暴力を振るっていたのか」と聞かれると否定したが、過去に暴力を振るったことはあると認めた。

 今回、警察に逮捕されたあと48時間勾留され、地検に送られて検察官に事情を話し、裁判官とも話した結果、さらなる勾留の必要はないとして釈放されたという。勾留所、地検などに身柄を拘束されていた期間は4日にわたるという。6畳ほどのスペースで過ごし、そこで自身の犯した罪を反省したと明かした。

 現在、女性とは弁護士を通してしか話せない状況であるとしつつ、「しっかりと謝罪をさせていただこうと思います」と決意を表明した

 今後の配信活動についてはこれから考えるとしつつも、「難しいと思っている」「休止、引退も考えている」と見解を述べた。3月28日にワンマンライブを予定していたが、開催するか否かについては関係者と協議して決めるという。

 最近、人気YouTuberが逮捕される事件が相次いでいる。昨年6月にはワタナベマホトが交際中の女性に暴力を振るって逮捕され、今年2月に活動を再開させた。また、今月に入ってからは、よりひとが同居女性に暴行して警察から事情聴取を受けたほか、「キットチャンネル」の原英翔が相方の木本奏太に暴力を振るって傷害を与えて逮捕された。

 若者が簡単に参入できるYouTubeでは、気軽に動画を上げて収入を得られるようになることもあり、社会的な教育を受ける機会のないまま活動している人も少なくない。そのような人物が大きな影響力を持つことを懸念する声は以前から多々ある。YouTubeが社会インフラとして広まりつつある現状を鑑みると、こういった非社会的な行動をとったYouTuberを再教育する制度を構築する必要もあるのかもしれない。

(文=編集部)

関連記事