関ジャニ∞大倉忠義の女性蔑視発言に「キモい」と批判続出…ストーカー被害が影響?の画像1
関ジャニ∞の大倉忠義

 関ジャニ∞大倉忠義の発言が、一部で物議を醸している。関西出身のメンバーを集め、気安い雰囲気やノリの良さに定評のある関ジャニ∞。3月21日に放送されたバラエティ番組『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)でも軽快なトークを披露していたが、その中で大倉が放った一言に拒否反応が続出しているのだ。

 同番組では、緊急特別企画「せっ勝ちグルメ」を放送した。各自が好きなメニューを同時に注文して、最初に到着した人だけが料理を食べられる勝ち抜け式のゲームだ。何も食べられないまま負け残り、お腹を減らしたメンバーは心なしか疲れた様子に。丸山隆平が「腹が空きすぎて冷静な判断が……」と漏らす中、料理が来るまで「無人島に1つ持っていけるなら何を持っていく?」というテーマでトークが展開された。

 一番おもしろい回答をした人には新人女子アナウンサーのお手製クッキーが渡されるとあって、メンバーの表情は真剣になっていく。そんな中、大倉がキメ顔で出した答えは「土屋太鳳ちゃん」というものだった。「無人島に持っていくもの」として人気女優の名前を挙げた大倉には、メンバーも「なんで?」「その心は?」と困惑した表情を浮かべる。メンバーの反応を受けた大倉は、薄笑いを浮かべて「がんばれそうやん」と意味深な理由を語った。

 この発言に対して、「シンプルにキモい」「同じことをお笑い芸人が言ってたら、大炎上間違いなしの発言でしょ」「女性をもの扱いしているみたいで不快な感じがしたのは私だけ?」「バラエティでのギャグだということはわかってるけど、相手の気持ちも考えずに“持っていく”って、何かあり得ない」「女性蔑視に近い発言だと思う」といった意見が噴出している。

 一方で、ファンからは「すごく共感できる。無人島で明るい太鳳ちゃんがいたら気持ちが楽だろうね」「太鳳ちゃんの生活力に頼りっきりな大倉くんが目に浮かぶ……」「確かに太鳳ちゃんがいたら前向きになれそうだし、わかる気がするな」といった声も上がっている。

「女性蔑視ではないか」という批判については、「大げさすぎ。ちょっとおもしろい発言をしようとしただけじゃない?」「大倉くんに噛みつくのは、さすがに過剰反応でしょ」「そんなこと言ってたらバラエティなんか成立しなくなる」などの反論も少なくない。

 思えば、明石家さんまも、昨年放送の『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』(フジテレビ系)で女性差別的な企画を実施したと問題になった。発端は、さんまが気になった一般人を含む女性10人をカウントダウン形式で発表するコーナー「明石家さんまのラブメイト10」だ。女性を勝手に“ラブメイト”と呼んで順位付けをする行為について、「前時代的な企画」「女性蔑視では?」と批判する声が上がったのだ。

 また、今回の大倉の発言に関しては、「大倉くん、大丈夫かな……」「メンタル病んでそう」「相当、がんばるきっかけが欲しいのね」といった心配の声も上がっている。いったい、どういうことだろうか。

関連記事