「熟成&缶詰で捨てられるはずの食材を逆により美味しくするという良い話だった」

「『食品ロス』が消費者に嬉しい新ビジネスに」

 同番組を見た経済記者は語る。

「新型コロナで飲食業や宿泊業、さらには製造業まで広い範囲で悪影響を受けているという悲観的なニュースが多いなか、逆境を逆にチャンスととらえビジネスを拡大させている企業や、新たな問題を解決するソリューションを提供して困っている人や企業を助けてビジネスにつなげている企業もあります。危機を単に悲観的にとらえてばかりでは、日本全体がドン詰まりになるだけ。危機のなかでも新しい取り組みによってチャンスをつかんでいる企業の具体的な事例を紹介する今回の『ガイア』のような番組は、非常に意義があると感じます。“神回”といっていいと思いますよ」

 新型コロナという試練から、新たな道を探ろうとする姿は、食品業界以外の人々にも学びを与えてくれたのではないだろうか

(文=編集部)