NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

首都圏マンション、取得10年後のリセール価格が“下がりにくい”エリア…値上がり例も

文=山下和之/住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

首都圏マンション、取得10年後のリセール価格が“下がりにくい”エリア…値上がり例もの画像1
「gettyimages」より

 マイホーム選びに当たっては、自分たちに合った住まいかどうか、交通アクセスや通勤・通学の便はどうか、生活利便施設が揃っているかなどの物件や立地条件などと同時に、将来的な資産価値も気になるところです。築30年以上が経過すると、価値は当初の半分以下に下がってしまうのがふつうですが、エリアによってそうではないところもあるので、エリアの選択が重要な意味を持ってきます。

築深マンションの単価は築浅マンションの37.8%に

 東日本不動産流通機構は、四半期に一度、首都圏中古マンションや中古一戸建ての、地域別、築年帯別の成約状況を調査しています。

 図表1は、その2019年10月~12月分の調査結果をグラフにしたものです。棒グラフが築年帯別の成約件数で、折れ線グラフが築年帯別の1平方メートル当たり単価の平均です。成約件数は、「~築5年」の“築浅”段階の物件数は少なく、築年数が長くなるほど成約件数が増えて、「~築15年」でピークに達し、それ以降は減少しますが、「築30年~」の“築深”物件が大きな固まりになっています。首都圏のマンションは築50年を過ぎたものまで千差万別ですから、築深物件が少なくないのです。

 図表の折れ線グラフは成約価格の1平方メートル単価が、築年帯別にどう変化するのかを示しています。折れ線グラフは右肩下がりになっていて、築年数が長くなるほど平方メートル単価が安くなることを示しています。「~築5年」の築浅マンションは88.6万円に対して、「築30年~」の築深物件は33.5万円ですから、築深物件は築浅物件の37.8%まで価格が下がっている計算です。

首都圏マンション、取得10年後のリセール価格が“下がりにくい”エリア…値上がり例もの画像2

東京23区なら築深物件でも築浅物件の53.4%を維持

 しかし、この築年帯別の成約価格、地域によって大きく異なります。図表2は、首都圏全体と、単価が最も高い東京23区、最も安い千葉県の成約価格が、築年帯別にどう変化するのかを示したグラフです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ