NEW

リアルナンパアカデミー塾長「女は同意していた」の言い分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

※※
Getty Imagesより

 女性に酒を飲ませ、酩酊状態にさせたうえ性交した罪に問われていたナンパ塾・リアルナンパアカデミー(以下RNA)塾長、渡部被告。以下3件の準強制性交等罪で起訴されていた。 

 2017年11月13日に東京都内のホテル一室において、塾生だった元会社員・大瀧真輝と共謀の上、飲酒酩酊し抗拒不能となったAさんと性交したという「Aさん事件」。2018年3月2日、大阪ハウスにおいて、塾生だった歯科医師のS(不起訴)と会社役員のG(同)らとナンパをしたCさんに飲酒酩酊させ抗拒不能な状態に陥らせて性交したという「Cさん事件」。同年3月10日、元塾生の元世田谷区職員・根津天亮、ブランド販売会社の役員吉岡新一郎らと、都内のハウスにおいて飲酒酩酊し抗拒不能となったBさんと性交したという「Bさん事件」だ。

 いずれの事件においても渡部被告は「共犯と共謀した事実はなく、女性は飲酒したが抗拒不能になった事実はない。また抗拒不能な状態であったという認識もありませんでした」と無罪を主張した。