NEW

広瀬すず、アリスとの姉妹喧嘩に「裏の顔ヤバそう」の声…「全30代女性を敵に回す」失言も

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広瀬すず、アリスとの姉妹喧嘩に「裏の顔ヤバそう」の声…「全30代女性を敵に回す」失言もの画像1
広瀬すず

 現在公開中の映画『一度死んでみた』で主演を務めている女優・広瀬すず。公開から間もないこともありプロモーション活動に大忙しだが、3月25日に放送されたバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)での強気な発言が物議を醸している。

 同番組では、広瀬に対するイメージを尋ねた街頭インタビューを放送し、その中で「姉・アリスと喧嘩をしても負けなさそう」という声が出ていた。すると、スタジオの広瀬は「負けたとは毎回思っていないですね」と断言。TOKIO・松岡昌宏から「口喧嘩ですか?」と尋ねられると、「だいたい(アリスが)部屋に逃げていくので、部屋の前まで行って冷静に言い続ける」「『はい逃げた~』とか言っちゃう。絶対逃がしたくない」と具体的な内容まで明かしていた。

 広瀬いわく“姉妹仲はいい”とのこと。しかし、視聴者は彼女の言動に不快感を覚えたようで、ネット上には「姉妹とはいえ、性格が悪すぎるのでは?」「本当に“冷静”だと思ってるなら、姉に対してそんな失礼な発言はしないと思うけど」「笑い話のつもりかもしれないけど、性格が悪いという印象しか受けない」「身内に強気だし、やり方が意外と粘着質。裏の顔がヤバそう」といった批判が多い。

 ちなみに、広瀬は25日夜にツイッターで以下のように説明している。

「いつもよりがっつり話してみようと思ったら、良い言い方しても、気が強い、なのか、、それに収まらないキッツい性格出すぎてて大丈夫かなと思った笑。良い気分しなかった方すみません」

 また、広瀬は、17日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で発したコメントも非難を浴びている。『一度死んでみた』に登場する「若返りの薬」が欲しいかという質問を受け、21歳の広瀬は“いらない”と回答した。一方で、「10歳くらいパッと年を取れる薬が欲しい」「『30から35歳くらいが一番モテるよ、女は』って言われたことがあって」とも答えたため、「嫌みにしか聞こえない」「30代になって自分の発言を後悔すれば?」「すべての30代女性を敵に回したね」「要は、遠回しに“自分はまだ若い”って自慢?」などの声が相次いだ。

 主演女優の発言が思わぬ批判を招いてしまった『一度死んでみた』だが、広瀬にとっては“コメディ初挑戦”となる作品だ。共演者に、吉沢亮や堤真一、リリー・フランキーといった豪華キャストが名前を連ねたのも、魅力のひとつとなっている。興行通信社の発表によると、映画動員ランキングは初登場2位。3日間の累計興行収入が1億3700万円と、まずまずの滑り出しとなっている。

 ただし、その評価は賛否が分かれているようだ。肯定派からは「おバカコメディだと思っていたけど、意外にも泣けた」「主演級の俳優がチョイ役で大勢登場していて飽きない」といった反響が上がっている。対して、否定派からは「コメディ要素がほとんど笑えなかった」と厳しい意見が寄せられたほか、“デスメタル女子”を演じた広瀬のボーカルパフォーマンスを「微妙」「いまいちしっくりこない」と評する声も見られた。

関連記事