NEW

てんちむ、親友かねこあやと泥沼の法廷闘争へ…かねこは“犯罪の証拠”があると爆弾発言

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
てんちむ、親友かねこあやと泥沼の法廷闘争へ…かねこは犯罪の証拠があると爆弾発言の画像1
てんちむ(「てんちむCH」より)

 かつては人気子役で、その後はモデルやタレントとして活躍し、今は登録者数100万人を超える大人気YouTuberとなった「てんちむ」こと橋本甜歌。そのてんちむが、10年以上の親友と公言していたYouTuber「かねこあや」と泥沼の争いを繰り広げている。

 てんちむによると、昨年10月頃から2人の間に溝ができはじめ、「距離をとっていこう」となっていたという。それが決定的になったのは、かねこの愛猫が1月に不審な死を遂げたことによる。

 かねこは、家政婦が猫を殺害したのではないかとの疑念を唱え、警察が捜査を行っていることを明かしていた。それに対して、てんちむが「本人にも責任がある」「家政婦を犯人に仕立て上げて、その人の人生を狂わせるのは違うと思う」との持論を述べ、かねこに苦言を呈した。このてんちむの進言にかねこは「心外」と不快感をあらわにし、対立が表面化。その後、お互いに非難の応酬する事態となった。

 その後、かねこは愛猫のために喪に服すかたちで活動を控えていたが、四十九日明けの3月16日に動画を投稿し、てんちむとの確執について語ったが、歯切れの悪い言葉が多く、核心に迫る部分については詳細な説明がなかったことから、視聴者から批判の声が相次いだ。批判を受けてかねこは、裁判を含めた今後の対応を考えて発言を抑えたと釈明した。

 だが3月24日、一転して「裁判はどうなってもいい」などと態度を急転させ、インスタグラムのストーリーズを使ってファンからの質問に答え始めた。

 かねこが事件直後に「家政婦が猫を殺害した」と疑問視していたことについて、それはてんちむが「家政婦が黒だ」と主張していたことを受けたものだと述べた。さらに、てんちむのことを「お金と勝利にこだわる経営思考」「人の心がない」なとと激しく中傷。続けて、てんちむが友人に「かねこあやとそろそろ縁を切ろうと思う。自分の好感度も上がったから用がない」「縁を切る前に数百万円使わせた」「2度と関わりたくない」と語っていたとして不信感をあらわにした。

 加えて、てんちむが犯罪に手を染めていること、その証拠を持っていることを示唆し、ファンは関心を募らせている。

 てんちむから「絶縁状」が送られ、お互いに名前を表に出さないことにしようとしながら、その直後にてんちむが生配信でかねこを非難し、虚言を広めていたとして、名誉棄損だとして訴えることを決意したという。

関連記事