NEW
芸能・エンタメ

コロナ自粛の今週末、Netflix“絶対オススメ”厳選ドラマ5作品

文=編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Netflixより

 東京都の小池百合子知事は25日夜の会見で、今週末の外出自粛を要請した。26日昼には、神奈川県の黒岩祐治知事と埼玉県の大野元裕知事が同様の自粛要請を行った。千葉県の森田健作知事は今週末の都内への外出自粛を要請した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、妥当な要請である。

 しかしなにも、外出できないからといって嘆くことはない。週末は自宅でテレビを見たり、音楽を聴いたり、読書をしたり、思いっきり楽しんで、学びを深める貴重な時間にしてもよい。避けたいのはテレビを漫然と見て過ごしたり、むやみに新型コロナの情報を追って暗くなってしまうことだろう。

 そこで今回、Netflix(ネットフリックス)で見られる、楽しみながら学びにもつながるドラマ、5作品をセレクトしてみた。

1.ペーパーハウス

 指名手配中の女、天才ハッカー、偽札作りのプロ、工業機器の扱いに長けた男、兵士など9人で、王立造幣局に強盗に入るというストーリー。教授と呼ばれるリーダーの理念は、1人の死者も出さずに誰の財産も奪わずに大金を手に入れるということ。警察との攻防戦の間に新札を刷り上げて、24億ユーロを持ち帰るという破天荒な計画だ。スペイン発のドラマだが、ハリウッドを超えていると評判。シーズン3まで配信中。

2.ストレンジャー・シングス 未知の世界

 舞台は1980年代。冷戦の時代だ。米国インディアナ州の、超自然現象を研究するホーキンス国立研究所付近で子どもが失踪した。頭を剃った謎の少女が現れて不思議な能力を発揮する。ソ連の陰謀も絡み、異世界からの生物との戦いなど、超絶な展開を見せる。80年代ポップカルチャーへのオマージュも見られ、『AKIRA』など日本のアニメからの影響も垣間見られる。シーズン3まで配信中。

3.セックス・エデュケーション

 オーティス・ミルバーンは童貞の高校生だが、シングルマザーの母はセックス・セラピスト。母がいろんな男を家に連れ込むために、オーティスは性欲を解消する行為もできずに鬱屈した生活を送っている。不良少女メイヴと知り合い、母親譲りの性の知識の持ち主であることを知られたオーティスは、2人で同級生の相談に乗る「セックス問題相談クリニック」を開く。ゲイの男子もいて、悩みは多彩だ。お腹を抱えて笑える学園コメディだが、学びにもつながるストーリー。シーズン2まで配信中。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合