志村けんへの配慮ゼロ、足立梨花の自己中ツイートに猛批判…「自分の立場だけアピール」の画像1
足立梨花

 タレントの志村けんが新型コロナウイルスに感染し重症であると報じられ、芸能界内外からエールが続出。そんな状況のなか、番組共演者の足立梨花がツイッターを更新したものの、その投稿内容をめぐって批判の声が巻き起こっている。

 志村の所属事務所が発表したところによると、志村は3月23日に“新型コロナウイルス検査陽性”と判明。24日には保健所による調査が行われ、発症日と濃厚接触者の特定が完了した旨を伝えた。なお、特定された対象者は自宅待機をしているという。

 一方、『志村でナイト』(フジテレビ系)で志村と共演中の足立は、25日更新のツイッターで「ええっと、、、とりあえず。1カ月以上会ってませんので大丈夫です」と投稿。志村の名前は出さずに自身の状況を報告したようだが、インターネット上には

「志村さんの感染で迷惑を被ってるとでも言いたいようなツイート」

「みんな志村さんのことが心配なのに、無責任で失礼だと思う」

「自分のことしか考えていない稚拙な内容。『志村さんが心配です』のひと言も書けないのか」

などと、厳しい意見が相次いだ。

 批判を受けて足立はあらためてツイッターを更新し、「みんなが私を気にしてくれてたからの報告なんです そういう問題じゃないとおっしゃってますが、そういう問題でもあるんですよ」とコメント。続けて「毎日いろんな方と仕事している私は人と接触する機会も多い、安全第一でこれ以上コロナを広げないようにしないといけないんです。いろんな方が危機感を持つべきなんです」と、自身の立場を踏まえてアピールしている。

 だが、「『志村さんが気掛かりです』とか『皆さんも気をつけて』といった周りに配慮する言葉を書けないのか、という人間性が問題なのに理解できていない」「自分の立場だけアピールして、結局志村への気遣いはなしか」と、さらに批判が殺到した。

 なお足立は、過去にもツイッター投稿が炎上騒動を招いている。特に「2018FIFAワールドカップ ロシア」開催時の強気な言動は有名だ。彼女は日本対ポーランド戦の際、「いやいや、そんな試合は見たいくない」(原文ママ)と苦言。日本は決勝リーグ進出を果たしたものの、「なんというか 嬉しいんだけど 素直に喜べないというかなんというか」などと不満を綴った。

 感情を隠そうとしない足立の投稿は、注目を浴びる一方でブーイングも浴びることになった。すると足立は「なんかほんとここ最近、サッカー関連でめんどくさい人多すぎ なんなの? 好きなこと呟かせてよ 嫌なら私のツイート見るなよ 返事するなよ」と怒りの投稿。続けて「いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか。めんどくさいな」と斬り捨てたものの、「文句を言いたい気持ちはわかるけど、もう少し言葉を選べないの?」「芸能人なのに『嫌なら見るな』は暴力的なまとめ方」と火に油を注ぐ結果となっている。

「足立は、「アニメ好き、彼氏ができない」キャラでアニメオタクを中心に男性ファンを多く獲得しました。自身のSNSでも、たびたび『彼氏はいない』と公言していた足立ですが、高校時代の同級生で俳優の川隅美慎と同棲していると報じられた際には、多くのファンから『裏切られた』『嘘つき』と非難の声が殺到しました。所属事務所は『仲の良い友達』として交際を否定しましたが、少なくともお互いに合鍵を持つ関係ではあるようで、ファンからは『潔く交際してますって言ってくれたほうがスッキリするのに』と不満が噴出しました」(芸能記者)

 自由奔放なツイートで批判を招く足立。だが、まずは一刻も早い志村の快復と2人の共演再開を祈りたい。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ