3月28日、YouTuberの「よりひと」が、「逮捕されたことについて」と題する動画を公開した。

 当サイトでも3月13日付記事『YouTuberよりひと、女性への暴行を生配信→警察が事情聴取…過去には未成年淫行』にて、よりひとがYouTuberの小島ふかせに暴行を加えて警察から事情聴取を受けた模様を報じたが、その後、インターネット上では「よりひとが逮捕されたのではないか」といった情報が飛び交っていた。それに対してよりひと本人が説明したかたちだ。

 スーツを着て神妙な面持ちで動画に登場したよりひとは、「今回の動画はネタではございません。この動画は弁護士さんの許可を得て撮影しております」と語り、「すべて事実であるとして以下の通り説明した。

・3月17日の朝、警察から暴行罪の容疑で強制捜査が入り、取り調べを受けた。

・その後、逮捕されて留置場に送られた。

・10日間留置されたのち、釈放された。

・小島ふかせへの暴行は、すべて打ち合わせをした“ヤラセ動画”である。

・原宿や生放送での喧嘩は計画の上だった。

・炎上を狙った喧嘩だったが、リアルに見えて誤解を招いた。

・小島ふかせが被害届を出したという情報は誤りで、釈放に向けて動いてくれた。

・2人の関係は良好で、今後も仕事をしたいと考えている。

 このように一通り経緯を説明したあと、関係者やファンに陳謝。そのうえで、「今後はこのようなことが2度とないように気をつけて活動させていただけたらと思います」と語り、活動継続に向けて理解と求めた。

 この動画を受けて小島ふかせ本人がツイッターで、「本人が事実を話している」と投稿しているため、双方の見解に相違はないようだ。

 だが、「ヤラセだったとしても、あの暴力はやばい」「原宿で暴行をして、周りの人たちに迷惑をかけていたのは事実」「やりすぎ。限度を知らない」「面白くもないし消えてほしい」など、“ヤラセ”だったとしても容認できないといった批判が殺到している。3月30日18時時点で、43万回以上再生されているが、「高評価」3078に対して「低評価」は3.8万となっており、視聴者からは強い不快感をもって受け止められている。

 さらに、よりひとについては、かつての親友であるYouTuberのkimonoやみずにゃんが、セクハラや強制わいせつの恐れのある行為をしていたと暴露をしている。内容は、ファンの女性に無理やりキスをするといったもので、今後、再び警察のお世話になるような事態に発展する可能性もある。

 かつてよりひとは、YouTuberら有名人の不祥事をネタにする“いじり系”YouTuberとして人気を博し、一時は70万人を超える登録者数を誇った。だが昨年、未成年女性への淫行が発覚して以降、凋落の一途をたどっている。もう一度、良い意味で注目されるようになる日は来るのだろうか。

(文=編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ