NHK朝ドラ『エール』志村けんさんの遺作に…窪田正孝のモデル、今後のあらすじは?の画像1
NHK連続テレビ小説『エール』」より

 2020年3月30日(月)より、102作目となるNHK連続テレビ小説『エール』がスタートした。主演の古山裕一役を窪田正孝、その妻でヒロインの関内音役を二階堂ふみが務める。

 今作は、戦中・戦後の昭和を彩った数々の名曲を生み出してきた天才作曲家の古関裕而(こせきゆうじ)と、その妻で歌手としても活躍していた古関金子(こせききんこ)がモデル。若い世代は「古関裕而」と聞いて誰かわからないかもしれないが、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」や全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、映画『モスラ』の劇中歌「モスラの歌」をつくった人と言われたらピンとくるだろう。

 偉業を成し遂げた夫とそれを支える妻という形は、ニッカウヰスキーの創業者の竹鶴政孝と妻のリタをモデルにした『マッサン』、日清食品創業者の安藤百福と妻の仁子(まさこ)をモデルにした『まんぷく』と同じ系譜だ。また、朝ドラでの男性主演は『マッサン』の玉山鉄二以来となる。

原始時代から始まった第1話

 第1話が放送された3月30日、8時になり画面に映ったのは、「紀元前一万年」というテロップと原始人ルックの窪田と二階堂。長い朝ドラの歴史の中でも異彩を放つ、一風変わったオープニングに、ツイッター上はド肝を抜かれた視聴者であふれた。

 その後、時代は流れて徐々に現代に近づいていき、今作が「音楽が奏でる人生の物語」だということがアピールされた。

 そこから本編がスタート。1964年の東京オリンピック開会式を前に「オリンピック・マーチ」を作曲した裕一が極度の緊張で苦しむ中、妻の音が叱咤激励し、2人で手を取り合い、前に進んでいったところで第1話の放送は終了した。

 ここまでの流れから、気弱な天才作曲家の夫をしっかり者の妻が懸命に支えるという構図が見える。また、オリンピックの開会式を迎えたこの日がドラマのクライマックスであり、今後は、その日に至るまでの2人の山あり谷ありな人生を描いていくことが予想できる。

 プロローグのような第1話の放送を経て、2話がどんなふうに進んでいくのか楽しみだ。

『エール』の今後のあらすじ

 今後のあらすじを、少しだけ紹介しよう。

 時は大正。福島の老舗呉服屋の長男に生まれた古山裕一は、将来を有望視されて商業高校を卒業した後、伯父が経営する銀行に就職する。その傍らで、幼い頃から音楽の魅力に惹かれ、独学で楽器の弾き方や作曲理論などを学んでいた裕一は、家族に隠れて応募した英国の作曲コンクールに入賞。新聞に取り上げられたことで人生の転機を迎える。

 一方の関内音は、豊橋市で馬具の製造販売を行う一家の次女で、プロ歌手を目指していた。たまたま見た新聞記事で裕一に興味を持ち、手紙を送ったことで、2人の文通が始まる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ