生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 Facebookに表示される広告は、不気味になるほど自分が探していたものがピンポイントに表示されることが多い。これは、Facebookがさまざまなアプリやウェブサイトなどから情報を集めているため。この集めている情報はFacebook上で確認が可能だ。

「Facebook外のアクティビティ」を確認する

FBに吸い上げられてる個人データを確認する方法 不気味なほどに探してた商品などの広告が…の画像1
(Image: Chinnapong / Shutterstock.com)

 Facebookでは、Facebook以外のサービスからもデータを集めている。やりとりされるデータは、主にサービスへのアクセス情報、検索した情報、購入した製品やウィッシュリストに追加した製品の情報など。そのため、Facebookでは検索していないようなものでもピンポイントで広告が表示されてしまう。便利と言えば便利だが、そこまでデータを集められているのは不安に感じるのは当然のことだ。また、Facebookのプライバシー管理に対する批判が高まる原因ともなった。

 この批判に対応する形で、収集の対象となっているサービスを確認・管理できるようにしたのが「Facebook外のアクティビティ」だ。この画面を開くと、Facebookにデータを提供したサービスが一覧で確認できる。Facebookアカウントでログインしたサービスだけでなく、Facebookアカウントと同じメールアカウントでログインしているサービスが連なっているので、これほど多くのサービスからデータを収集しているのかと驚いてしまうかもしれない。

 この画面ではサービスの確認だけでなく、今後サービスからのデータ提供をオフにすることも可能だ。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ