東出昌大、離婚なら「杏の夫」から転落で芸能界引退危機…唐田えりかとの復縁説に騒然の画像1
東出昌大(右)と唐田えりか(左)(写真:アフロ)

 不倫騒動に揺れる東出昌大の夫婦の離婚が、現実味を増しているようだ。4月1日、一部スポーツ紙が杏が離婚へ向けて弁護士を立てたことを報じた。

 きっかけとなったのは2月中旬、杏が外出先から帰宅した際、すでに別居中だった東出が家にいたことだという。2人は激しく口論し、東出は自宅の鍵を杏に渡して家を出ることになり、この行動に不信感を募らせた杏が弁護士を立てることに踏み切ったようだ。

 東出は3月17日に記者会見で一連の騒動を謝罪し、不倫相手の唐田えりかとは「別れた」と明言した。しかし、「杏と唐田のどちらが好きか」という質問に、長い沈黙の後で「心の内をしゃべるのは妻を傷つけることになる」と発言した。この対応も、杏の決心を強いものにさせたという。

 この質問と東出の返答については、ネット上で「なんで黙るの?」「『浮気相手のほうが好き』って言ってるのと同じ」「これは完全にアウト」「この態度が一番妻を傷つけるのでは……」などと批判の対象になっていたものの、3月18日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではメインキャスターの小倉智昭氏が「芸能史上に残ります」と絶賛して波紋を呼んだ。

 また、同日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、MCの立川志らくが「家族内のことは、家族で話し合いをすればいいんですよ。私も含めてね」「それでいいのよ、他人は大きなお世話なので」と、自身の妻が弟子との不倫疑惑を報じられたことを踏まえて、持論を展開した。問題となった質問については「あんなこと聞かなくたっていいじゃない」「家族の中で話がちゃんとつけば、それでいいんですよ」と一刀両断していた。

 いずれにしろ、東出と杏の離婚が濃厚になったことについて、ネット上には以下のような反応が上がっている。

「杏は子どものことを考えて躊躇していたようだけど、後悔のないよう決断してほしい」

「そりゃ、あの会見での対応を見たら決心が固まるよね」

「そもそも、東出はあんな曖昧に答えるくらいだったら『唐田のほうが好き』って言ったほうが、まだマシだった気がする」

「“杏の夫”でなくなる東出に需要があるのかどうか疑問」

 芸能記者は以下のように語る。

「そもそも、あの会見は逆効果だったという見方も多く、東出は自分で自分の首を絞める結果を招いています。東出は俳優としてのブレイクと時を同じくして結婚し、『杏の夫』という絶妙なポジションで人気者となりました。バラエティ番組では『子どもってなんかすごい幸せの到達点だなと、ふと思うことがあって』などと語り、疲れて帰ってきたときも子どもの寝顔を見るとリフレッシュできると、家族の幸せをアピールするような発言をしていたものです。

 また、杏もバラエティ番組で育児について語るなど、2人は良き夫婦としてのイメージが強かった。実際、杏は現在放送中のブリヂストンのCMに『家族のためにタイヤを替える』という、今となっては微妙な立ち位置で出演しています。それだけに、東出の不倫は一家にとって大きなイメージダウンとなったわけです。特に、かねてから演技力が疑問視されていた東出は、独身に戻ったら芸能界に居場所があるかどうか……。

 また、不倫相手の唐田にしても、清純派のイメージが強かったにもかかわらず、10代のうちから関係が始まり、インスタグラムでの“匂わせ投稿”も非難の対象になるなど、イメージが崩壊しました」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ