【完了】巨人・亀井義行、甲子園での屈辱が名手を生んだ…高校時代は、プロ注目の好投手だったの画像1
亀井義行(「Wikipedia」より)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月に開催されるはずだった選抜高等学校野球大会(センバツ)、すなわち春の甲子園が中止になり、プロ野球も開幕が延期されている。野球ファンにとって寂しい状況が続く今、せめてもの楽しみになればと、「春の甲子園にしか出場していないが、その後プロに進み、活躍した選手」を紹介するこの連載。第4回は読売ジャイアンツ(巨人)の亀井義行を取り上げる。

 2019年シーズンオフの契約更改で、プロ15年目にしてようやく年俸が自身初の大台1億円を突破した選手がいる。巨人の亀井義行だ。開幕の時点では貴重な左の代打として待機されていたが、シーズンが進むにつれ、主に1番や5番に座り打線を引っ張った。守っても堅実なプレーでチームの危機を何度も救っている。いわば、亀井は巨人の5年ぶりセ・リーグ優勝の隠れた立役者でもあるワケだ。

 だが、そんな亀井は高校時代、実はプロ注目の好投手として甲子園出場を果たしていたことをご存じだろうか。それは2000年の第72回春の選抜のこと。この大会には、なんと創部わずか2年目で初出場を果たした高校があったのだが、そのチーム=上宮太子高校のエースこそ亀井だったのである。さらに打順も3番を任されており、完全な“二刀流”といえる。

 この亀井の投打にわたる大車輪の活躍もあり、上宮太子は当時、まだ全国的にはまったく無名の存在だったにもかかわらず、強豪ひしめく激戦区・大阪にあって、この前年秋の府予選で見事に優勝。続く近畿大会でもベスト4にまで進出した。センバツ出場校を選ぶ選考会では、この亀井と箸尾谷英樹のバッテリーを筆頭に能力の高い選手が多く、全国でも十分上位を狙えるとの高評価を受けての堂々たる選出。それゆえ、日に日に評判はうなぎ上りに上昇していき、選抜が開幕するころには優勝候補の一角に名を連ねるまでになっていたのである。

百戦錬磨の明徳義塾に揺さぶられる

 組み合わせ抽選の結果、注目の初戦の相手は5年連続出場を誇る四国の強豪・明徳義塾高校(高知)となった。そしてこの百戦錬磨の試合巧者は、対戦前から初出場校を揺さぶりにかかってきた。新聞の取材に対して明徳義塾サイドは、こんなコメントを発したのである。

「亀井はけん制がうまくない」

 敵のこの談話に亀井はまんまと動揺したという。「僕って、けん制が下手でしたっけ?」とは試合に向かうバスの中で亀井が、とある上宮太子のコーチに向かって発したひとことだが、この言葉を聞いたコーチは亀井の明らかな動揺を感じ取っていた。そのため、「心理的に揺さぶるために言ったんやろ。かましているだけや」となだめたという。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ