3月15日付をもって所属事務所の松竹芸能を退所したお笑いコンビTKOの木下隆行が4月1日、YouTubeデビューした。

 木下は後輩芸人へのパワハラが報じられるなど、たびたび騒動を起こしたことから、事務所がさじを投げたといわれている。その後、後輩芸人が代表を務める芸能事務所と業務提携すると発表したが、直後に撤回するなど去就は不安定な状態だった。それが4月1日に個人事務所「UtREE」の設立を発表すると同時に、YouTubeチャンネル「木下プロダクション」を開設した。

 初投稿となる動画「TKO木下よりご報告がございます。」のなかで木下は、神妙な面持ちで「このたびはパワハラ騒動の件でご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と、ファン、関係者、後輩に向けて陳謝。騒動を起こした原因について「僕が調子に乗っていた」と反省。続けて「僕が面白いと思えることを発信できるのがYouTubeだと思った」と、開設の意図を説明した。

 さらに「この騒動で一番迷惑をかけた相方の木本(武宏)君と、僕たちが大好きなコントを皆さまにお届けしたい」と抱負を語った。そして最後に「これからは間違ったことをして下を向いて歩かず、正しいことをしてしっかりと前を向いて、これからの人生をつくっていきます」と決意を表した。わずか3分弱の短い動画だが、木下はYouTubeにかける思いと反省の弁を述べた。

 だが、この動画を見た視聴者からは批判が殺到。コメント欄には

「パワハラ癖はなかなか治らないのでは? 100%反省していない感じ」

「笑いを届けたいって、笑えるわけねーだろ、人を笑わす前に暴力振るってきた後輩たちに謝罪の一言言おうよ」

「1番迷惑をかけたのが木本くんて考え方はおかしくないですか?」

などと、厳しい言葉が並ぶ。

 4月2日10時時点で、2万7000回あまりの再生回数だが、「高評価」は144、「低評価」は3384と、不快感を持った視聴者が多いようだ。YouTuber木下の前途は険しい。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合