NEW

『モーニングショー』高木美保の主張が岡田晴恵に論破され「知ったかぶり」と苦情殺到

文=編集部

高木「ちゃんとしたドクターが、今までの患者さんの症状とか、治った方、亡くなった方の資料を見ると、コロナウイルスから攻撃を受けるのは肺だけでないんじゃないかっていう。肝臓、心臓、腎臓っていう多臓器不全っていう状態で亡くなる方も多いと。肺だけではないんじゃないかっていう私見をおっしゃってたんですけど」

岡田「それはですね、肺でガス交換できなくなれば、血中酸素濃度が下がってきて、各種の臓器の機能が落ちてくる。別に脳とか腎臓で感染してるってことではないです」

高木「最初はそういうふうに言われてたんですけど、最近の科学雑誌の中に、コロナウイルスが肝臓を攻撃するっていうことが出てきてるっていうのを……その先生は科学雑誌読める方なんで。聞いてますか? そういうことは」

岡田「私は、呼吸器と消化器以外で感染しているっていう状況は承知しておりません。ウイルス的な変異も、そういう変異はございません。今のところは」

 いずれも高木の主張を岡田教授が退けるような状況になったことで、この様子がネット上で議論の的になっている。

高木美保、自分の意見が岡田晴恵さんに論破されてる」

「高木の言動は的を射ていないから、もはや不要では」

「高木の話が長くて頭に入ってこない、ちょいちょいズレてる感じがする」

「朝からうんざりでテレビ局に苦情を入れたいレベル」

「知ったかぶりのような質問に岡田さんイラついてない?」

「専門家に上から目線で食ってかかるのすごい」

 一方で、いずれもコメンテーターの玉川徹氏が高木の話を一部フォローするような見解を述べていたことで、以下のような反応もみられる。

「高木と岡田教授のバトルを玉川さんが仲裁している感じ」

「新型コロナについてはまだわかっていないことも多いし、高木の話が一理ある可能性もあるのでは?」

「とりあえず、情報が錯綜していることはわかった」

 多様な意見を議論するという意味では、情報番組としての機能は十分に果たしたのではないだろうか。

(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合