カジサック(キングコング・梶原雄太)のYouTubeチャンネルにYouTuberデビューしたばかりの木下隆行(TKO)が出演した。

 木下は後輩へのパワハラ騒動などを起こして3月15日付で所属していた松竹芸能を退社し、4月1日にYouTubeチャンネルを開設した。だが、視聴者たちの間では木下への嫌悪感が激しく、木下への批判はかなり激しい。

 そんななか、木下は登録者数約190万人のカジサックに救援要請した。動画の冒頭でカジサックは、自身がYouTuberとして活動し始めて間もない頃、木下に出演を打診した際に快諾してくれたというエピソードを紹介。今回、木下からコラボを打診され、「その恩返さへんやつおる?」と、自身の動画に木下が出演するに至った経緯を説明した。

 動画のなかで木下は「いろいろあった」と語り始め、メディア等で報じられたパワハラ騒動などについて、「やってしまったことは事実」と認め、「何を言っても言い訳に聞こえるから、何も言えなかった」と、釈明会見などを行わなかった事情を説明した。

 そして、篠宮暁(オジンオズボーン)にペットボトルを投げつけた事件、クロちゃん(安田大サーカス)の頭を踏みつけた事件などについて、どのような流れがあったのかを説明したが、「行為は事実だが、当事者同士では完結している」「当事者同士の関係性を知らない世間の受け取り方で悪くされている」といった釈明があった。

 松竹芸能を退所した経緯については、「吉本(興業)は面白さ、松竹は人の良さ」というアットホームな事務所の看板に傷をつけてしまい、居づらくなっただめだと説明。自分がいたら事務所に怖いイメージがついてしまい、新人が入ってきにくくなったりするのではないかと考えて身を引くことにしたと語った。

 木下は一連の騒動について自分の言葉で説明をしたわけだが、動画を見た視聴者には、やはり“言い訳”ととられた感がある。

「『たまたま』ペットボトルが目に当たってしまった という言葉がこの動画で1番引っかかりました」

「これはやるべきじゃなかったと思います」

「これカジサックの登録者数が3万とかやったら絶対コラボ持ちかけてないやろ 利用すんな」

「木下の肩を持つ感じで不快。誰にでも失敗はあるって、失敗のレベルじゃないで。法的にアウトな事してるんだよ」

「本気でがっかりしたし、引きました。 恩を返したいとかそんな自己満足の正義感でこんな人を動画に出してるのが最高に気持ち悪いです」

 動画のコメント欄には、こういった辛辣な言葉が並ぶ。4月4日11時の時点で、約40万回再生され、「高評価」は7180、「低評価」は2.6万と、圧倒的に批判的な見解が多いのがわかる。また、8000件近い書き込みがあるが、そのほとんどは木下を擁護するカジサックに向けて苦言を呈する意見だ。

 木下を助けたいという思いからコラボを受けたカジサックだが、批判の矛先が自身にも向けられるかたちとなった。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合