NEW
山崎将志「AIとノー残業時代の働き方」

中小企業は在宅勤務導入に金と労力を使うより、休業して国の支援策を最大限活用すべき

文=山崎将志/ビジネスコンサルタント
【この記事のキーワード】

, ,

中小企業は在宅勤務導入に金と労力を使うより、休業して国の支援策を最大限活用すべきの画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルス禍で世の中が大変なことになっています。今回は、中小企業経営者に対象を限定した話をしたいと思います。本稿の要点は以下の3点です。

1)国が中小企業向けに出している支援策を活用すべし

2)お客の来ない店舗は臨時休業するべし

3)在宅勤務の導入を検討するなら、当該部署/職務は休業とすべし

1)国が中小企業向けに出している支援策を活用すべし

 まず1)国が中小企業向けに出している支援策の活用に関してです。

 経済産業省が「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」と題したPDF(※)を公開しています。これは今回のパンデミックで影響を受けるすべてに事業者に対する支援策がまとめられたものです。具体的な内容はここでは述べませんので、文末のリンク先のPDFをご覧になってください。その理由は、情報量が多いことと、適宜最新の内容に差し替えられていることからです(私の見る限り過去3週間ではリンク先がのPDFが何度か上書き更新されています)。経営者の方がこれを読めば、ご自身のビジネスが置かれた状況からすぐに必要な対策が検討できると思います。

2)店舗は思い切って臨時休業するべし

 次に2)お客の来ない店舗の臨時休業に関してです。

 東京都知事の外出自粛要請が出て以来、2月以降少なくなった商業施設での買い物客が一層減少しました。私は今週の平日に情報収集のため繁華街や、大型ショッピングモールを何カ所か見て回りましたが、お客がほとんどいないにもかかわらず、開けている店舗がほとんどでした。

 今の状況下では、店を一時休業する決断を経営者はすべきと考えます。どの業態、どの店舗がというのを、ここで私が例示しなくても、経営者の方ならわかっていらっしゃると思います。従業員の口から「休業しましょう」と提案することはまずないでしょう。従業員を電車で通勤させてほとんど売上のない店舗で勤務時間中ずっと立たせながら、感染リスクにさらし続けるのは酷です。ここは「雇用調整助成金の特例措置」などを利用して、「一時的に店を閉めるが、給料は払う。再開したらきちんと戻れるようにする」と従業員に安心してもらったうえで休店すべきと考えます。

 お店に人が来ないということは、お客が「今は要らない」と言っている、ということです。すべてのビジネスはお客の要望に応えるために存在します。会社の借金の大きさ、従業員の雇用などといった経営者の都合は、お客にとっては無関係です。「今は」要らないと言っているのだから、「やっぱり欲しい」と言い始めてから再開できるよう一旦休んだほうがよいと私は考えます。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ