闇営業問題を受けて活動を自粛していたお笑いタレントの田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、4月7日から地上波に復帰する。

 相方の田村淳が7日にYouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」を更新。1月にトークライブで活動を再開した亮が、7日に『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で地上波に復帰し、その後「ロンブーチャンネル」にも出演すると発表。

 動画内で淳は「ずっとYouTube出演を見送っておりました相方の田村亮さんが、4月7日の『ロンドンハーツ』で地上波復帰を果たして、こちらのYouTubeのほうにも出演が決定しました。これで『ロンブーチャンネル』を2人そろって活動していくことができます」と明かし、ファンに向けてメッセージを出した。

 さらに、「どういう仕事が田村亮さんに入ってくるかわかりませんが、株式会社LONDONBOOTSの社長として、所属タレントの田村亮さんを支えていきたいと思いますし、『ロンブーチャンネル』でもコンビで楽しいことが発信できたら」と、今後の亮の活動を支えていく方針を語った。

『ロンドンハーツ』の放送が終わったあと、1月に行った亮の復帰トークライブの模様を公開するという。ライブの全編のみならず、舞台裏も見せると予告している。

 亮は昨年6月に闇営業問題が発覚したあと、謹慎処分を受けて活動を休止していた。今年1月30日のトークライブで活動再開、2月27日にAbemaTV『ロンドンハーツAbema特別編』でメディア復帰。そして7日、ようやく地上波とYouTubeに顔を出すことになる。

 亮が復帰するとの予告を受けて、ファンたちからは

「おめでとう!待っていました」

「亮さんが復帰したらやってもらうって言ってた大喜利楽しみに待ってます」

「早く地上波とYouTubeで2人揃ったとこを見たい」

「亮の涙は本当に忘れない!頑張ってほしい!!」

など、歓喜の声があがっている。

 一方、闇営業問題で所属していた吉本興業から契約を解除された宮迫博之(雨上がり決死隊)は1月からYouTuberとして活動し、当初は批判の声が殺到していたが、今やチャンネル登録者数が75万人を超え、評価も高まってきている。騒動発覚直後から、宮迫よりも同情的な声が多い亮だが、今後どのような活動をしてくのか注視したい。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ