NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第16回

早い段階から病院ロケはNGに…芸能マネが語る「新型コロナで大混乱のドラマ業界」

芸能吉之助(現役芸能プロマネージャー)
【この記事のキーワード】

, , ,

geinou

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 これから4月クールの春ドラマがスタートだ……というところでのこのコロナ禍。フジテレビは、この9日に放送開始予定だった石原さとみちゃん主演の“木10ドラマ”『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の放送延期を発表、TBSもこれに先行して、話題のドラマ『半沢直樹』(主演:堺雅人)等の放送延期を決定しており、今後もこうした動きは続くと見られています。

 一方この3月にそれぞれ最終回を迎えた1月クールのドラマは、新型コロナウイルスの影響で在宅率が上がったためか、後半にかけて視聴率が急上昇したものが多かったですね。

 竹内涼真くんの熱い演技が光った『テセウスの船』(TBS系)は、初回11.1%→最終回(3/22放送)19.6%、佐藤健くんが世の女子をキュンキュンさせまくった『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)は初回9.9%→最終回(3/17放送)15.4%と、どちらも視聴率爆アゲ!(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区/以下すべて同)

 内容が面白かったのはもちろんですが、コロナ不安が広がっている世間の空気が、家の中で楽しめるもの=テレビに対しての熱中度を上げていったという側面は大いにあるでしょうね。この自粛ムードの中、家で心おきなく楽しめるドラマの放送を唯一の楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか。

早い段階から病院ロケはNGに…芸能マネが語る「新型コロナで大混乱のドラマ業界」の画像1
テレビ朝日系にて放送のスーパー戦隊シリーズ第44作『魔進戦隊キラメイジャー』公式サイトより。3月31日、主人公のキラメイレッドを演じる俳優の小宮璃央が新型コロナウイルスに感染していることが発表されたが、放送事態は現状、滞りなく続いている。

早い段階から「病院ロケ」はNGに

 実は少し前までは、ドラマ界での新型コロナの悪影響ってそんなにないように感じられていたんです。音楽や演劇と違ってドラマの撮影においては、不特定多数の一般人が一カ所に集結するって基本的にないですからね。

 もし強いて挙げるとすれば、病院でのロケ撮影が結構早い段階でできなくなっていたことでしょうか。日本国内ではまだここまでの大事にはなっていなかった2月から3月上旬くらいの時点ですでに、感染拡大防止のためということで、ロケ撮影をNGとする病院が増えていたんです。医療系ドラマに限らず病院というのは、さまざまなシーンの撮影において非常に重要なロケーションですから、関東近郊にはいくつか、平常時であればロケ撮影に協力してくれる病院というのがあるんです。しかしそういった病院での撮影が続々とNGになり、いくつかのドラマではやむなく、どうしてもリアリティは減ってしまいますが、スタジオを使ったりセットを組んだりしてしのいでいる……という情報は、ぼくの耳にも入ってきていました。

 しかしとうとう、ヒーロー戦隊ドラマ『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日系)で主役を演じている小宮璃央くん、そして著名脚本家の宮藤官九郎さんなど、新型コロナ感染を発表する芸能人が現れ、一気に芸能界にも不安が広がりましたよね。

 そうしたコロナショックの直撃を受けているドラマのひとつが、3月30日(月)にスタートしたばかりのNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合)ではないでしょうか。

志村けんの遺作となってしまった朝ドラ『エール』

『エール』は、夏の甲子園大会歌「栄冠は君に輝く」や1964年東京五輪大会の開会式で使用された「オリンピック・マーチ」などで知られる、昭和を代表する作曲家・古関裕而とその妻をモデルにした作品で、主人公を窪田正孝くん、妻役を二階堂ふみちゃんが演じています。

 演技力に定評のある若い2人をメインに、名曲盛りだくさんの明るい雰囲気のドラマになりそうな感じなのですが、その撮影現場のほうは現在、暗く重々しい雰囲気に包まれているようです。3月30日、日本中に衝撃と深い悲しみをもたらした、新型コロナによる志村けんさんの訃報(実際のご逝去は29日午後とのこと)。朝ドラ初出演となる志村さんは、主人公が尊敬する日本音楽会の重鎮という、作曲家・山田耕筰がモデルとなっている役を演じることになっており、3月6日までは撮影にも参加されていたそうです。

『エール』が志村さんの遺作となったこともあり、Twitterなどには「志村けんさんの出演シーンは、代役で撮り直さずそのまま放送してほしい」という声が多数。その後、NHK『エール』公式Twitterなどで、収録済みのシーンについはそのまま放送する方針が発表されました。

 さらに4月1日には、NHKが新型コロナ感染拡大予防のため、『エール』と大河ドラマ『麒麟がくる』の収録を当面見合わせることを発表。今のところ放送に影響はないとのことですが、『エール』は、当初脚本家として執筆予定だった林宏司さんが途中降板したこともあり、もともと撮影が遅れ気味だったそうなので、今後の放送がどうなるかはちょっと読めませんね……。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ