今最も新興市場で注目、サイバーセキュリティクラウドって何者?コロナ下で上場来高値更新の画像1
株式会社サイバーセキュリティクラウド HP」より

 新規株式公開(IPO)に新型コロナウイルス感染拡大の影響が広がっている。3月に上場承認された28社のうち4社が上場を中止。4月は15社のうち11社が上場を取り消すという異常事態となった。

 相場が乱高下し先行きが不透明なこともあって、上場をいったん延期して仕切り直しを図る企業が続出した。株式公開の中止は2018年の5社が最多だったが、今年は前半の4カ月で15社に達した。年間の株式公開はここ数年80~90社で推移していたが、新型コロナウイルスの収束が見通せないなか、激減するのは避けられないだろう。

 3月に新規上場した24銘柄のなかで初値が公開価格を上回ったのは、わずか6銘柄(同値が1銘柄)。6勝17敗1引き分けという惨憺たる結果だった。

 こうしたなかで一人、気を吐いているのは、3月26日に東証マザーズに新規上場したサイバーセキュリティクラウド(以下、サイバーS)。人工知能(AI)技術を活用した情報セキュリティサービスを提供している。

 公募価格4500円の2倍強の9210円の初値を付け、その後、ストップ高(1万710円)。翌3月27日には、一時前日終値比2470円高(23.1%高)の1万3180円まで上昇した。上場2日で公開価格の3倍に大化けした。4月7日には一時、1万3440円となり、上場来高値を更新。終値は1万3280円(前日比1620円高)だった。

 令和へ改元された早々、サイバーセキュリティ省の新設が提言されるなど、国内でもサイバー対策が急務となっている。

主力サービスは「攻撃遮断くん」

 サイバーSはウェブアプリケーションへの攻撃を検知・可視化・遮断するツールをクラウドで提供する国内最大手。主力サービスは「攻撃遮断くん」。導入サイト数は1万超。サブスクリプション(定額課金)型の収益モデルで売上高の大半は既存顧客の継続利用によると説明している。

 サイバー攻撃の多くは過去のパターンの繰り返しのため、深層学習(ディープラーニング)を用いればAIで自動的にシャットアウトできる。1万超のサイトを守るなかで蓄積したデータを活用し、人間が行う監視業務をAIで代替しているという。今まで発見されていない攻撃についてもAIが予測し、対処できる仕組みをつくるべく開発を進めているそうだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ