【完了】ソフトバンク・東浜巨、甲子園で見せた驚異の安定感…5試合で失点わずか3、防御率0.66の画像1
東浜巨(「Wikipedia」より)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、選抜高等学校野球大会(センバツ)すなわち春の甲子園が開催されず、プロ野球も開幕時期が見通せない状況が続いている。そこで、野球好きの読者のために、「春の甲子園にしか出場していないが、その後プロに進み、活躍した選手」を紹介するこの連載。第5回は東浜巨(ひがしはま なお/福岡ソフトバンクホークス)。

 2012年のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークス、埼玉西武ライオンズ、横浜DeNAベイスターズの3球団から1位指名を受け、抽選の結果、ソフトバンクに入団した東浜巨。3球団競合だったことからもわかるように、東浜は同年ドラフトの目玉投手であった。そんな東浜が最初に注目されたのは、08年の第80回選抜高校野球大会である。

 前年の07年秋、東浜は沖縄尚学高校のエースとして獅子奮迅の活躍を見せていた。なんと県大会と九州大会で51回3分の1イニングを投げ59奪三振、与四死球9、防御率0.88という好成績をマークしたのである。この抜群の安定感の源は、打者のタイミングを外す絶妙な投球術と試合中の修正能力の高さ。そして何より、打たせて取るピッチングを主体としていることにあった。そして選抜で東浜は噂通りの投球を披露し、大会の主役の座を独り占めすることとなるのである。

 注目の初戦の相手は聖光学院(福島)だったが、いきなり東浜はその才能を遺憾なく発揮した。試合は先攻を取った沖縄尚学が初回に聖光学院先発・仲田の立ち上がりを攻め、1番・伊古が右中間への二塁打で出塁。この走者をバントで送り、1死三塁のチャンスを掴むと、なんと3番・西銘の場面で仲田がボークを犯し、思わぬ形で先制点が転がり込んだ。だが、これ以降、沖縄尚学打線は仲田の前に沈黙し、なかなか追加点が奪えない。そんな苦しい展開で踏ん張ったのがエース・東浜だった。

 相手打線には自軍のヒット数4を上回る7安打を浴び、5回裏には2死満塁、6回裏にも1死一、二塁のピンチを招いたが、ここで自慢のツーシームを駆使。冷静な投球で打たせて取るピッチンクで要所を抑え、零封したのだ。さらに試合終盤には自己最速147キロもマーク。結局1回表の1点を守りきって2回戦進出を決めたのである。

 続く2回戦も明徳義塾(高知)相手に粘り強いピッチングを展開。初回に3番・西銘の2ランで先制するなど3点のリードを奪うとまたも被安打7ながら1失点に抑え3対1の完投勝利を収める。準々決勝の対天理(奈良)戦は3対2と1点勝ち越した直後の5回裏から先発・上原亘を受けての救援登板。5回を被安打4の無失点で抑え4対2で勝利。チームのベスト4進出に貢献したのだった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ