【コロナ】空港の会議室で24時間待機、2週間隔離…過酷な緊急帰国の全貌、体験者語るの画像1
空港での水際対策を強化(写真:UPI/アフロ)※本文内容とは無関係です

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け7日、政府は改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発出した。コロナ拡大を受け、すでに外務省は全世界を対象に危険情報「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」に指定しており、すべての外国への渡航自粛を呼び掛けているが、3月以降、海外に滞在する日本人が帰国の動きが加速していた。

 そんななか、3月にブラジルのサンパウロ市から2人の幼い子を連れて緊急帰国したAさんに、そのときの様子を振り返ってもらった。

パトカーの先導でホテルへ移動

 もともと3月7日から日本に3週間ほど一時帰国する予定でした。そのときは日本の状況が悪くなってきて、「来ないほうがいい」と親にも言われ飛行機もキャンセルしました。

 ところが一転して今度はブラジルの状況が悪化したのです。3月24日にサンパウロ州に「緊急事態宣言」が発令されて緊迫してきました。長女が通うはずだった日本人学校も閉鎖され、いつから始まるかわからない。そのうち、治安や医療面の不安が増大してきました。サンパウロ市は元来、治安は悪いですが、近くのスーパーで強奪事件が起きたり、危険な状態にもなり、夫の会社の推奨で社員家族は緊急一時帰国することになりました。3月31日からはブラジルは事実上、鎖国状態になり、条件を満たさないと出国も入国もできなくなったのです。

 航空便も減るなか、なんとか確保したドイツ回りの便で逃げるように帰国しましたが、日本に来てからも大変でした。3月29日の昼過ぎに羽田空港に到着。機内で日本での待機(隔離)期間の14日間の滞在先を申告書に記入すると、「PCR検査をします」との機内アナウンスがありました。降りてすぐに検査を受けましたが、その頃はまだPCR検査の対象が欧州からの入国者くらいだったため、並ばずに済みました。

 自家用車や家族の迎えなどで自宅直行ができない人は、検査の結果が出るまで空港内で待機させられました。公共交通機関でホテルに直行するのも禁止です。申告書類の提出後、航空便ごとにグループに分けられ、入管、税関を通り、待機場所として空港敷地内の会議室に通されました。簡素な椅子とテーブルしかない普通の部屋です。「検査結果が翌日以降になる」とのことで、政府が用意しているホテルに移動したいかを聞かれました。当然、全員が希望したと思います。

 午後7時頃、全員が手をアルコール消毒させられ、自衛隊の協力を得て運行される観光バスに乗せられ、警視庁のパトカーの先導で成田空港近くのホテルへ移動しました。東京都と千葉県の境で千葉県警のパトカーに交替しましたが、子供たちはぐったりでした。バスの周囲は防護服を着た係員が慌ただしく動いているし、物々しい雰囲気でした。