正解のないWEBマガジン~wezzyより】

杏の「離婚決意」と「実母裁判」…あまりに酷い家族の仕打ちの画像1

「Getty Images」より

 夫・東出昌大の不倫報道から、夫婦関係の維持か離婚かで注目を集める杏だが、彼女の苦難はそれだけではなかった。何年も前から実母と裁判沙汰になっているという。「週刊新潮」2020年4月16日号(新潮社)が報じている。

 杏は芸能プロダクション「トップコート」に所属しているが、2009年に節税のために個人事務所を設立しており、この個人事務所の代表取締役には彼女の母・由美子さんが就いていた。しかし、由美子さんは女性霊能者に心酔しているうえ、借金返済のために杏の稼ぎを搾取していたそうだ。

 2014年、杏は弁護士を通じて「個人事務所を退所しトップコートと直に契約する」と母に通知。するとこれを受けて由美子さんは、杏の退所を無効とし東京簡裁に調停を申し立てたという。調停は不調に終わり、2017年からは裁判に発展。お互いの主張はかみ合わず、裁判は現在も続く。由美子さん側は杏に対して慰謝料として1000万円、個人事務所の損失として3000万円を求めているそうだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ